FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【『ととのんハウス』で、6匹のワンコ達を受け入れました】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

シェア・情報拡散が可能な方はワンコ達の為にご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m。

東京都北区赤羽2丁目32ー1にある
非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』…
毎日開放している施設です。

『ととのんハウス』では、昨日6匹のワンコ達を受け入れました。

受け入れ後は、ウェルカムケアを行い
その後、セカンドメディカルチェックの為に病院搬送しました。

ウェルカムケアの様子、昨日、今日の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。





非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』は、里親様の募集をさせて頂いているワンコ達が
ボランティアさん方々から毎日継続したケアを受けながらノンビリ暮らしている清潔な施設です。

『ととのんハウス』では、
新しい家族との出会いを待っているワンコ達と直接触れ合って頂けます。


※※※※※

山本様から頂きました。

181206-01山本様


ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。







非営利動物保護団体ととのん




| 活動について | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【一般家庭から14才のミニチュアピンシャーやダックスなど受け入れました。】 【前足一部欠損のトイプードル・アレックス君…とても甘えん坊なお利口さんです】

ご覧下さりありがとう御座いますm(_ _)m。

前足一部欠損のトイプードル・アレックス君…とても甘えん坊なお利口さんです。
アレックス君の様子をご覧ください。


非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
一般家庭から14才のミニチュアピンシャーと、
3匹のミニチュアダックスフントを保護受け入れしました。

14才のミニチュアピンシャー…高齢の方が飼育していた子です。

ダックス達はペット不可物件に住んでいる人が飼っていた子達です。

思う事は色々ありますが
ワンコの事を考え、保護しました。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』は
毎日開放している施設です。

今日の『ととのんハウス』の様子をご覧ください。





非営利動物保護団体ととのん




| 活動について | 18:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護ワンコ達が、クリスマスや新年を新しい家族と迎える事が出来ます様に…ボランティア一同が熱い気持ちで毎日の活動を大切にしています。】

ご覧下さりありがとうございます。

毎日毎日、ワンコ達のケアを継続していますが、
毎年この時期になると
クリスチャンではありませんが、
『この子達をクリスマスは新しい家族と過ごさせたいなぁ』
とか
初詣には行きませんが、
『この子達が新年を新しい家族と一緒に迎えられるといいなぁ』
って考えてしまいます。

『ととのんハウス』では
11月29日に7匹のワンコ達、30日に1匹のワンコを受け入れました。

29日に受け入れたワンコ達は
新たに環境指導や繁殖制限指導を始めた場所からの保護受け入れです。

やはり出産回数が多かったり、交配に多く使われてしまうとワンコ達の身体に負担が掛かる事が良く分かります。

[純血種を守る]という観点からは
ブリーダーの存在は否定しませんが
乱繁殖させている犬屋の存在は大反対です。

乱繁殖させている犬屋の下請けみたいになっている保護団体や愛護団体が少なからずありますが、
目先の事だけを考えて保護するのではなく
先を見越した保護が必要だと当団体は考えています。

それには
闇雲な保護ではなく
保護元に対する指導やアドバイスなどを必ずして、
同じような子達を増やさないようにしなければ
なりません。

ウェルカムケアの様子と『ととのんハウス』受け入れ後の姿をご覧下さい。



『ととのんハウス』は
一年中毎日、里親様の募集をしているワンコ達と
来訪者の方々が直接触れ合って頂ける
清潔な施設です。

そして今日も新しい里親様の元で、新しい犬生を始めるワンコ達が・・・

里親様との初めての記念撮影です。

181130-202.jpg

181130-201.jpg

きっと幸せになります。




非営利動物保護団体ととのん




| 活動について | 10:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せにして下さるのは温かい里親様方々です。】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
今日、11匹のワンコ達を受け入れました。

今年だけで1000匹以上のワンコ達を受け入れられているのも、
素敵な里親様方々が、私達同様かそれ以上の継続ケアなどをして下さりワンコ達を幸せにして下さっているからです。

もちろん、
里親になる事をご希望されたからといって、
「はい、どうぞ」と簡単に譲渡するという訳には行きませんし、
当団体の里親譲渡基準が御座いますので、
譲渡基準をクリアされた方々にのみ、
保護ワンコ(我が子達)を託させて頂いています。

託させて頂いてからも
それぞれの家庭環境・飼育環境に合った躾方法や正しい飼い主教育にも対応させて頂いております。

今日の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。



非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では、
・月に1回〜にお手伝い下さるボランティアさん
・保護ワンコの一時預かりボランティアさん
などのボランティアさん方々と共に
厚かましくも
・ワンコ達が使う消耗品のプレゼントを募集させて頂いております。
色々な形で活動に参加する事が出来ますので
御一考下されば幸いです(^ ^)。



非営利動物保護団体ととのん

| 活動について | 09:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【世の中のワンコ達が幸せに暮らしていけるように微力ですが精一杯の活動をボランティアが一丸となって行なっています】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのんは、
世の中で生活しているワンコ達が1匹でも多く
幸せに(痛みや痒み、空腹などの苦痛がなく)暮らして行ける様に、
【出来る事を出来る限り】のスタンスで活動しています。

残念な事に『ととのんハウス』は
狭い施設なので
中型ワンコや大型ワンコは原則、滞在させる事が出来ないので、小型ワンコに特化した保護譲渡を行なっています。

もちろん中型ワンコや大型ワンコの保護が必要な事がある場合は
信頼出来る団体さんに頼んで受け入れをして頂いています。

今まで5000以上のワンコ達を保護し、
避妊や去勢手術をしていく中で、摘出した生殖器を見て来ましたが、
女の子の場合は3回出産しているワンコだと
子宮に水腫などが出来ていたり、
子宮が腹腔内で膀胱や小腸大腸に癒着していたりしている子が殆どです。

その様な状態を数多く目の当たりにして来ているので、
その時の子宮や卵巣、腹腔内の画像やビデオを
繁殖制限指導をする時に実際に指導先に見せる事で、
繁殖に使われているワンコ達の早期保護に繋ぐ事が出来ています。

私が活動を始めた時は保護するワンコ達の年齢が殆ど10才を超えるワンコ達でしたが、
活動の経験を積み、色々な指導やアドバイスが行える様になってからは、
繁殖制限指導や環境指導、適正飼育頭数指導など
積極的に指導を行なっています。

保護したワンコ達のメディカルチェックでの結果は、
必ず保護元にも連絡し、
内臓疾患の有無を血液検査などの結果と共に伝え、
ワンコ達の食事のアドバイスなども同時に行なっています。

今日の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。



『ととのんハウス』は一年中開放している施設です


そして今日も『ととのんハウス』を笑顔で卒業したワンコが

181119-201.jpg

今日も温かい里親様と巡り会えたワンコが、新しい家族のもとで幸せになります

※※※※※

来訪者様よりいただきました。ありがとうございます。

181119-03.jpg

181119-02.jpg

181119-01.jpg

ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。







非営利動物保護団体ととのん


| 活動について | 20:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT