非営利動物保護団体totonon活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【先天性の心臓疾患を持っているキャバリア仔犬のロッキーについて】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん が保護をした12月25日生まれのキャバリア・ロッキー…

先月から当団体が環境指導を開始したブリーダーから「心雑音ある子がいる」と相談され、急遽保護する事になった子です。

ブリーダーは「ご迷惑だろうし、うちで生まれた子だから、うちで面倒見る」と最初は言っていましたが、
当団体が保護ワンコ達に対して出来る限りの医療措置や、
身体やメンタルのケアを最大限に行っている事を
当団体が環境指導や繁殖制限指導をしている色々なブリーダーさんから聞いていたらしく、
当団体からの保護要請を認めてくれました。

ブリーダーから聞いた通り
ロッキーには心雑音がありました。

保護後は直ちに
パルボ検査・ジステンパー検査・検便を行い感染症罹患や寄生虫寄生が無い事を確認し、
ロッキーの心雑音について心臓専門医に色々な検査をして頂きました。

キャバリアは犬種的に心雑音が出る事が多いのですが、心雑音の原因の大半は
心臓内の弁の1つである僧帽弁という弁の閉鎖不全によるものです。

しかしロッキーの場合は
色々な心臓検査の結果、
ロッキーの心臓には様々な疾患がある事が分かりました。
〈極度の複数弁奇形〉
〈心臓内壁の異常〉
〈肺動脈など複数の大切な血管の奇形〉etc…

心臓専門医の診断は
「今までよく生きていたと思う。この状態だと、いつ心停止してもおかしくない状態」
「残念だけど手術で対応出来る範囲の心奇形ではない」
でした。。。

分かりやすくご説明しますと

ロッキーの心臓は
・〈酸素を沢山含んだ動脈血を全身に送り出す力が弱すぎる〉為に
《身体が酸欠状態になりやすい》

・脳に身体が酸素不足だという信号が出ているので心臓を早く動かそうとする自律神経が極度に働いている〉為に
《心拍数が過剰になっている》

・脳からの信号で、心拍数が上がっているので
《弁奇形部分に負荷が掛かっている》
状態です。

専門医と色々相談をし、
ロッキーの心臓負担が最小限になるような投薬療法を行う事になりました。

1週間投薬して改善が見られなければ
今の獣医学ではどうする事も出来ないそうです。
専門医からは
改善したとしても数ヶ月の命だとも言われています。

遊びたいさかりの仔犬ロッキーですが、
ロッキーの息苦しさを無くし、
身体の酸素を確保する為に
1日20時間は酸素室での生活になります。

非営利動物保護団体ととのん には
中型ワンコにまで対応出来る酸素濃縮発生器がありますので、24時間体制で管理します。
少しでもロッキーに質の良い生活を送らせる為に…
「この世に生まれて来て良かった」と思って貰える様に頑張ります。

0310-20 (1)

0310-21.jpg


キャバリア・ロッキーが
この世に存在している事を1人でも多くの温かい方々に知って頂ければ幸いです。

心臓の疾患は遺伝性のものが多いので、
ロッキーのママワンコも保護しました。
幸いママワンコには心臓疾患はありませんでした。



非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg

| 保護犬の様子 | 19:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【鎖肛のチワワ弥生…虹の橋を渡ってしまいました・・・】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

多くの皆様にエールを頂く事が出来たチワワ・弥生…
鎖肛という難病を抱えていたチワワ・弥生が虹の橋を渡ってしまいました。

0308-1.jpg

ご飯を食べさせ、少しフリーにして遊ばせてから〈トコトコと歩き回っていました。〉

いつもの様に排泄介助をしている時に、
本来、肛門がある場所の1センチ右下に
2時間前には無かった小豆大の赤みある腫れが確認出来たので獣医さんに動画画像を送り確認して頂きました。

『連れて来て下さい』と仰って下さったので、搬送する事にしました。
クレートに弥生を入れて助手席に乗せて病院へと向かいました。
信号待ちの時にクレートを見ると
弥生は座った状態で身体を伸ばしながら大きなあくびをして、そのままゆっくり横になったので、
撫でてあげようと思い、クレートの天井を開けて
弥生の背中を撫でました…

いつもであれば、私の手に甘噛みをしてくる弥生でしたが、
その時は、何の反応もなかったので、
ん?と思い、車を一旦止めて
弥生を抱き上げました。

弥生、心臓が止まっていました。
『弥生〜!』と大きな声を出して心臓のマッサージをしましたが、弥生が声を上げることはありませんでした…

病院で獣医さんが待って下さっているので、
病院に行き、心肺蘇生の措置をして頂きましたが
心臓が止まって20分位経過していて
体温も35度の状態でした。
弥生は息を吹き返す事はありませんでした。

獣医の先生方々とお話をさせて頂き、
天国ではきちんと肛門から排泄が出来る様に…
との想いを込めて
獣医さんに肛門の成形手術を行って頂きました。

0308-2.jpg

生きていれば受けていた手術です。

肛門の成形手術をしている時に分かったのですが、
弥生には腎臓が1つありませんでした。
腎臓だけでなく
子宮・卵巣も臓器として存在はしていませんでした。
尿管も普通は二本あるものが、一本しかありませんでした。

鎖肛の手術が終わっても、弥生には多くの奇形があった事を思うと、不憫でならないと共に
『今まで生きてくれてありがとう』という気持ちで一杯です。

今頃、弥生は天国で気持ち良くウンチしていると思います。

0308-3.jpg

弥生の事を案じて下さっていた皆さん
ありがとうございます。
そして
ごめんなさいm(_ _)m。



非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg



| 保護犬の様子 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

先日受け入れたトイプードルのセブン&エイトの様子です。

いつもご覧いただきありがとうございます

先日受け入れしたトイプードル幼犬、セブン&エイトの様子です。



2匹仲良く『ととのんハウス』のふれあいルームを探検中です。

時にじゃれあいながら、他のワンコ達にご挨拶しています。

そして、本日の『ととのんハウス』もたくさんの里親希望の方々がワンコ達に会いに来てくれました。

パピヨンのジュリ(空)ちゃん

0304-3.jpg

トイプードルのリアンくん

0304-4.jpg

スピッツのチロくん

0304-2.jpg

動画でも紹介した
トイプードルの幼犬、セブンくんが

0304-8.jpg

素敵な里親様の元へ巣立ちました。



0304-7.jpg

里親様のお家で初めての食事をしているパピヨン・空ちゃん

0304-9.jpg

かわいいお子様たちと「ハイ、ポーズ」のトイプードル仔犬・セブン君

0304-5.jpg

凛々しい姿のスピッツ・チロ君

0304-6.jpg

色んなポーズで撮影会(^^♪




当団体では責任感の強い飼い主さん自らが正しい知識を持ち、ワンコ達に接して下さる事が終生飼養に繋がると考えています。そのような素敵な方にのみ保護ワンコを託させて頂いております。

里親様自らがワンコに躾やケアを施し、そのワンコの躾がきちんと出来ると、その子に対する愛情も一塩だという事・・・当団体の里親様方々は良くご存知です。

きちんとフォローアップしておりますので安心して里親希望して下さいね。




追記・・・

今日、チロ君の里親様とお話をして下さりご縁を繋いで下さったのは、当団体でボランティア歴5ヶ月の茶々ママさん・・・
茶々ママさん初のご縁結び・・・・
茶々ママさんのボランティア活動へのモチベーションが上がった1日でした。


非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg













| 保護犬の様子 | 21:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心雑音あるチワワ仔犬を保護しました。

【チワワ仔犬のハッピーを幸せに導く為に、シェア・情報拡散が可能な方のご協力をお願い申し上げますm(_ _)m】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

木曜日の夕方に急遽、一般家庭から
心雑音があるスムースチワワの仔犬〈生後2ヶ月半〉の女の子を保護しました。

ペットショップで迎えた子らしいのですが、
ワクチンを接種する為、元飼い主が動物病院に連れて行った際の聴診で
「心雑音がある」と獣医師に言われたそうです。
その子がいたペットショップに連絡をしたそうですが
〈取り合って貰えなかった〉そうです。

元飼い主から
『引き取り不可であれば保健所に連れて行く』と無責任な事を話されたので、
保護する事にしました。

(元飼育者には
『飼育放棄書』記名捺印を頂いています。
当団体の『飼育放棄書』には
今後ペット飼育不可という文言も入っていますし、飼育放棄をする人には
きちんと『責任感』『命』などについても
ご教示させて頂いています。)

受け入れる際にパルボ検査や検便をして
罹患や寄生虫寄生がない事が確認出来たので
『ととのんハウス』で受け入れました。

あどけない仔犬・・・
ハッピーになれるように…と思いを込めて
〈ハッピー〉と命名しました。

ハッピーと命名したチワワの仔犬。
早々に病院での心臓の精密検査を行い、下記のような結果が出ました。

0225-3.jpg

0225-4.jpg

0225-5.jpg

血液検査やX線検査、3Dエコーなどの検査の結果、
軽度のPS〈肺動脈弁狭窄症〉でした。
幸いにも臨床症状が出ていない事や
心臓肥大はしていないので、
投薬などもせずに普通に生活をさせる事になりました。
症状がなければ3ヶ月〜半年に1度検査をする感じです。

飼育放棄について思う事は沢山ありますが、目の前の命を救いながら
保護ワンコという存在が無くなるように活動していきます。

0225-6.jpg

そして何よりハッピーが幸せな時間を過ごせる様に
非営利動物保護団体ととのん ボランティアスタッフ一同で頑張ります。

動画は昨日のハッピーの「ととのんハウス」での様子です。






非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg


| 保護犬の様子 | 13:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チワワ仔犬のマイムちゃん

チワワ仔犬マイムちゃん
無事にワクチン接種が終わりました



映像をご覧いただければわかるように、マイムちゃんはワクチン副作用もなくいつもの通り元気です(^^♪

非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg

| 保護犬の様子 | 20:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT