非営利動物保護団体totonon活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せに導く為に、医療措置はもちろんですが 毎日の継続ケアに力を注いでいます】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん
『ととのんハウス』では
昨日11匹のワンコ達を
『ととのんサポートハウス』から移動受け入れしました。

『ととのんハウス』に移動したワンコ達の受入ケア後の姿をご覧下さい。

0809-02.png

0809-03.png

0809-04.png

0809-05.png

0809-06.png

0809-07.png

0809-08.png

0809-09.png

0809-10.png

0809-11.png

0809-12.png

0809-13.png

0809-14.png

0809-15.png

0809-16.png

0809-17.png

0809-18.png

0809-19.png

0809-20.png

0809-21.png


非営利動物保護団体ととのん では
保護ワンコという存在を無くす為の活動や、
保護したワンコ達の医療やケアに力を入れています。

ととのんハウスの活動の様子をご覧ください。




受け入れたワンコ達を
痛みや痒みなどの苦痛から解放する為に
毎日の継続ケアを行っていきます。

非営利動物保護団体ととのん の活動に
関心のある温かい方は
是非、『ととのんハウス』へお越し頂き、
保護しているワンコ達や
ボランティアスタッフさんや
『ととのんハウス』施設をご覧下さいね(^^)。

ブログをご覧の皆様からの
コメントやイイねに
私のだけでなく
ボランティアスタッフ一同が
パワーを頂いています。



非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg






| 保護受け入れ | 21:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ワンコ達が安心して幸せな生活を送る為には私達人間の責任感が重要な事の一つです】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

一般家庭から
一本の電話がありました。

内容は
「トイプードルを飼っているのだけれど、離婚して経済的に厳しく、脱毛しているトイプードルの治療がしてあげられないから色々な保護団体や愛護団体に引き取って欲しいと問い合わせをしたけれど無理だった。
知り合いからととのんさんの事を聞いて連絡をしました。ととのんさんでトイプードルを引き取って欲しい・・・」
との事でした。

現飼育者から
他の団体さんとのメールでのやり取りが
当団体のホームページのお問い合わせフォームから送られて来ました。

お問い合わせフォームを見ながら
現飼育者から
詳しくお話を聞きました。

現飼育者は
当団体にお電話をしてくる前に
東京都内で活動している
4つの動物保護団体・動物愛護団体に
引き取り依頼の連絡をメールでしたそうですが、

あるNPO団体さんからは
「引き取れるが引き取り料金が20万必要」と言われ、

一般社団法人さんからは
「引き取る前に画像をホームページやSNSに掲載して支援金を募ってからだと引き取れる」
と言われたそうです。

あと2つの保護団体さんからは
「受け入れるスペースがない」と断られていました。

送られてきた画像です。

0726-02.jpg

理由はともかく
罹患している事が画像からも分かりましたので
当団体が保護する事にしました。

そして無事に保護する事が出来ました。

元飼い主へは、厳重に注意指導を行いました。
もう生き物は飼わないそうです。

保護後の動画をご覧下さい。

※※※※※



画像をご覧下さればお分かりだと思いますが
長期間皮膚疾患を放置されているので
胸元や尻尾の脱毛がかなりある状態です。

直ちに感染症罹患・寄生虫寄生の検査をし
適切な医療措置を行います。

現飼育者や20万を要求するような団体など
思う事は沢山ありますが、
切なすぎるので
保護するワンコの回復だけを考えるようにしようと思います。

この子の様子は継続してお知らせ致しますので
宜しくお願い致しますm(_ _)m。

※※※※※


非営利動物保護団体ととのん




| 保護受け入れ | 21:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【世の中のワンコ達が全て幸せになれるように活動しています】

シェア・情報拡散が可能な方は是非、ご協力を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん の活動には
世の中のワンコ達が幸せになれるように・・・
との願いを込めています。

非営利動物保護団体ととのんは
《保健所や愛護センターに連れて行かれるワンコ達を1匹でも減らし、保護出来ないワンコ達もより良い生活が出来る様に》
出来る事を出来る限りの精神で活動をさせて頂いています。

今の日本で
1番ワンコ達が多く生活をしている場所・・・
それは
ワンコ達の繁殖・ブリーディングをしている
ブリーダーさんや繁殖業者 です。

日本には動物愛護法という法律があり
さらには
動物の繁殖をさせ、それを業としている者には
動物取扱業者としての
登録《行政上の許可》が必要です。

動物取扱業者になると
各動物愛護センターなどが管轄し
・適正飼育頭数
・適正飼育環境
などの指導や管理を受けます。
・・・が

この法律にはグレーゾーンが多く作られていて
そのグレーゾーンを利用して
ワンコ達の生活環境や
ワンコ達の処遇が
劣悪化しているケースが散見されるのが現状です。

グレーゾーンを利用されると
ブリーダーや繁殖業者の元にいるワンコ達の
生活水準が
一般家庭で生活しているワンコ達と比べると
著しく低いものになっている事が現実です。
《もちろんきちんとしているブリーダーさん方々も沢山いらっしゃいます。》

私達、非営利動物保護団体ととのん は
ブリーダーさんや繁殖業者の元にいるワンコ達の生活水準を少しでもベターなものになるような活動も行っています。
ですので
色々と見受けられる
《言いなりの保護》《名ばかりの保護》は
一切致しません。

保護する事で
保護されなかったワンコ達の生活が過酷なものになってしまうと
いつまでもエンドレスになってしまうからです。

ネットを色々見ていると
収容期限があるワンコ達の記事が目に飛び込んで来ます。

何年も前から色々な方々が保護活動をしているのに
何故収容期限があるワンコ達の数がゼロにならないのか・・・
それには必ず理由があります。

非営利動物保護団体ととのん は
保護活動が
《対処療法》ではダメだと考えています。
あくまでも
原因を根治させるか、取り除くようにしなければ
病巣はいつまでも残り、
いつまでも燻り続けるからです。

そのような考えから
日本でワンコ達が一番多く生活している場所への
指導やアドバイスを行いながら
ワンコ達全体の生活環境が良くなるように活動しています。

非営利動物保護団体ととのん は
保護が必要な子の保護だけでなく
同じような保護が必要とされるワンコ達の存在を少しでも減らす努力をしながら活動しています。



※※※※※※※※※※※※※※※

0723-101.jpg

里親様からいただきました。ありがとうございます。

0723-102.jpg

ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。

※※※※※※※※※※※※※※※




非営利動物保護団体ととのん




| 保護受け入れ | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せに導く為に、医療措置はもちろんですが 毎日の継続ケアに力を注いでいます】

シェア・情報拡散が可能な方は
ご協力下されば幸いです。
宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』で温かいボランティアさん方々から
毎日身体とメンタルのケアを受けながらノンビリ生活をしているワンコ達・・・

新しい家族を見付けて
幸せへと導かなければなりません。

里親様を募集しているワンコ達の画像をご紹介させて頂きますので
ワンコ達の為に
シェア・情報拡散が可能な方は
是非ご協力を宜しくお願い申し上げます。

この子達とは
東京都北区赤羽2丁目32ー1にあります
非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』にて
平日は13時〜15時
土日祝日は13時〜16時の時間帯に
毎日触れ合う事が出来ますので
宜しくお願い致しますm(_ _)m。

昨日、今日に受け入れケアを行ったワンコ達です。
可愛い姿をご覧ください。

0719-101.jpg

0719-102.jpg

0719-103.jpg

0719-104.jpg

0719-105.jpg

0719-106.jpg

0720-01.jpg

0720-02.jpg

0720-03.jpg

0720-04.jpg

0720-05.jpg

0720-06.jpg

0720-07.jpg

0720-08.jpg

0720-09.jpg

0720-10.jpg

0720-11.jpg

0720-12.jpg

0720-13.jpg

0720-14.jpg

0720-15.jpg

0720-16.jpg

0720-17.jpg

0720-18.jpg

0720-19.jpg

0720-20.jpg

0720-21.jpg

0720-22.jpg

0720-23.jpg

0720-24.jpg

0720-25.jpg

0720-26.jpg

ワンコ達とともにボランティア一同も毎日のケアをしながら
理解ある里親希望の皆様をお待ちしております。



非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg


| 保護受け入れ | 19:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せに導く為に、医療措置はもちろんですが 毎日の継続ケアに力を注いでいます】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん
『ととのんハウス』では
今日13匹のワンコ達を
『ととのんサポートハウス』から移動受け入れしました。

『ととのんハウス』に移動したワンコ達の姿をご覧下さい。




非営利動物保護団体ととのん では
保護ワンコという存在を無くす為の活動や、
保護したワンコ達の医療やケアに力を入れています。

そして今日も理解ある里親様と巡り会い
『ととのんハウス』を卒業したワンコがいます。

0719-01.jpg

優しそうな里親様に抱かれて、幸せそうですね。

これから里親様の愛情を一身に受け
幸せになります。


※※※※※※※※※※※※※※※


0719-02.jpg

池田様からいただきました。ありがとうございます。

0719-04.jpg

西様からいただきました。ありがとうございます。

0719-03.jpg

Amazonから届きました。ありがとうございます。
送ってくださった方からの連絡をお待ちしております。

ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。




※※※※※※※※※※※※※※※


非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg

| 保護受け入れ | 19:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT