非営利動物保護団体totonon活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

東京都港区内の一般家庭飼育放棄について【拡散希望です】

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。

動物保護団体ととのんに1本の電話がありました。

「別れた男の所に置いて来てしまった犬を保護して欲しい・・・」
場所を聞くと、東京都港区との事でした。

保護をするにしても、詳しい住所や現在そこに居住している人と連絡を取り、
事実確認をしなければならないので居住している人に、動物保護団体ととのんに
お電話をして頂くようにお願いしました。

翌日、男性から電話があり
「別れた女が犬を置いて行った。自分は犬の事を何も知らないので保護して欲しい。保護してくれないなら保健所に連れて行ってもらう・・・」というような事を言われました。

その際に場所をお聞きし、どんな状況なのかを詳しく聞きました。

その男性はワンコのご飯に付いても殆ど知識がないようで
人間が食べるソーセージ等を食べさせている  というような事を言っていました。

ブログをご覧の皆様でしたらご存知かと思いますが
人間の食物の中には、ワンコが食べると有害なものが沢山あります。

そのまま放置する事はワンコの命に関わると判断しましたので
注意事項を伝え、
その翌日(今日)の午前中に現場に行きました。


教えられた場所に到着後、その男性に電話を入れ
その男性が居住する家に入りました。




画像の左上側が玄関です・・・
玄関周りはフローリングになっていましたが、ワンコの踏み散らかされたウンチやオシッコで、不衛生になっていましたので
男性に断りをいれ、そのまま入らせて頂きました。

fc2blog_2016032920272289b.jpg

1DKのマンションでしたがペット不可との事・・・
ワンコも吠えていましたし、糞尿臭がかなりあるので間違いなく近隣にお住いの方に迷惑が掛かっていると思われます。


床には、トイレシーツが乱雑に置かれていて、シートにもオシッコの跡がありましたが、シートの周りにもオシッコや下痢便がありました。
画像真ん中の黒い物はお椀で、少し濁った水が入っていました。

fc2blog_201603292027196b0.jpg
時期によっては、毎日水を変えなければ水は1日でカビが繁殖してしまいます。



この画像を撮った後は、画像を撮る時間もありませんでした。

部屋には10匹のワンコがいました。
子犬が2匹、成犬が8匹です。

家主の男性が、
「子犬の様子がおかしい」と言っていたので
子犬を見ると、クタッとしていて元気もありませんでした。

低血糖を起こしているようでしたので、
持参していたワンコ用のブドウ糖・ミルクを給餌。

子犬2匹は、それぞれが別の母犬から生まれたとの事でしたので
母犬を教えて貰いましたが、母犬は下痢をしているらしくお尻の周りには糞がこびり付いていましたのでそれぞれの母犬も保護しました。

子犬の状態があまり改善しなかったのと、チワワ系の子犬の頭部が気になっていたので、
母犬と子犬をそれぞれ搬送車に運び入れ、手の空いたスタッフが身体中ウンチに塗れていた子を搬送車に運び入れ、
他のワンコ達の状態を確認してから、一路動物病院に向かいました。



病院到着後は、各ワンコの血液検査等を含むメディカルチェックをして頂き、
状態の悪かった子犬には皮下点滴をして頂きました。
点滴後は、少し動き回るようになったので、
頭部に大きく開いた大泉門(ペコ)の検査をして頂きました。
エコーで脳の浮腫を確認・・・
余りにも大きいペコなので、衝撃を受けないように気を配りながら搬送・移動を行いました。

子犬以外のワンコ達からは、寄生虫の1つである耳ダニが検出されましたので
レボリューション滴下・点耳をして頂きました。

血液検査の結果、成犬達は体内脱水が起こっている事が分かりましたので、経口で水分を採らせる事になりました。




搬送中に、1匹の子が車に酔ってしまい嘔吐・・・
嘔吐したものを確認しましたが、びっくりしました。
大きなベーコンソーセージが、ゴロッと出て来ました。



現場には5匹のワンコが残っていますので、数日中に保護に向かいます。(明日は大型ワンコの搬送・他の場所からの受け入れ等があるので、スケジュールが空き次第、保護に迎うか、連携して活動をさせて頂いている団体さんにお願いをするか協議中です)。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
保護後のワンコ達・・・
一旦は『ととのんはうす』に移動
『ととのんハウス』には、7名のボランティアさんが集まって下さいました。


ペコが大きいチワワ系のワンコ・・・
大きなリスクがありますが
ミルクや離乳食を完食すると自ら動きまわるまで回復しています。

fc2blog_20160329200954eca.jpg

この子の強運さを無駄にしないように、出来る限りのケアをしていきます。

fc2blog_20160329200957360.jpg
fc2blog_20160329200953db4.jpg




上の子犬の母犬・・・
穏やかな子ですが、耳ダニが寄生しているので、他のワンコへの耳ダニ寄生を防止する為、駆虫完了までは可哀想ですが隔離します。(もちろんボランティアスタッフの目の届く範囲での隔離です。)

fc2blog_20160329201004e35.jpg





保護したもう1匹の子犬・・・
トイプードル系の子です。

fc2blog_20160329200951639.jpg
画像では分かりずらいですが、少し外斜視と眼球白濁があります。
トイプードルは交配の際に毛色によって交配させるとダメな組み合わせがあります。

この子には何の罪もありません。幸せになる権利があります。

fc2blog_201603292009501de.jpg




トイプードル系子犬の母犬・・・
この子も、耳ダニに寄生されていて耳が痒そうでした。毎日のケアを欠かさず行います。

fc2blog_20160329200959e41.jpg
画像をご覧頂くとお分かり頂けると思いますが、この子は白内障で目が見えていません。
獣医に聞いた推定年齢は6才~だそうです。

シニアな子に出産をさせる・・・
母体にも負担が掛かりますが、色々なリスクが発生します。

そのリスクを背負う事になるのは、罪なきワンコ達なんです・・・

fc2blog_20160329201002dd0.jpg
この子も、幸せに繋げられるように動物保護団体ととのんスタッフ一同、精一杯の愛情を注ぎながら頑張ります。




身体中が糞に塗れていた子も、シャンプーし毛玉等をカット・・・

fc2blog_20160329201042b91.jpg

動物保護団体ととのんのボランティアスタッフは保護活動に対する志が高い方々ばかりです。




明日も保護受け入れ、不妊手術病院搬送・保護ワンコ達の身体やメンタルのケア等がありますが、
精一杯の活動をさせて頂きますので宜しくお願い致します<(_ _)>。



動物保護団体ととのん

バナー



















| 活動について | 21:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【シェア・拡散お願い致します】保護ワンコ達の幸せの為に

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。

なかなかブログの更新が出来ず申し訳ありません・・・。
FBをご覧になられていないブログをご覧の皆様、お久しぶりです<(_ _)>。


FBでは温かい皆様から当団体が里親様を募集しているワンコ達の情報拡散・シェアにご協力を頂き、
動物保護団体ととのんボランティアスタッフ一同、本当にありがたく思っています。


現在、当団体で里親様を募集しているワンコ達の画像のご紹介をさせて下さい<(_ _)>。






トイプードル・ララちゃん・・・3才の女の子です。多頭飼育ブリーダーと話をして早期引退という事で保護した子です。

fc2blog_20160324200318324.jpg
人と触れ合う時間も殆どなく、ケージの中での生活をしていたので少しシャイな面もありますが徐々に人懐っこくなっています。




チワワ・凛ちゃんは2才の女の子です。

fc2blog_201603242003174db.jpg
この子には持病の癲癇があります。3分ほどで治まりチアノーゼも出ていなので経過観察をしています。
投薬を開始ししてしまうと一生投薬をしなければならず、凛の肝臓に負担が掛かってしまうからです。
現在は発作の間隔や時間をチェックして獣医さんと連携しています。
甘えん坊な子です。




チワワ・マロンちゃんは3才の女の子です。

fc2blog_2016032420393986b.jpg
小さなマロンちゃん・・・2回の出産をしています。小さい体にこれ以上のお産は可哀想だと進言し保護出来た子です。
少しシャイな面も残っていますが甘えん坊な面が沢山出て来ました。




トイプードル・ジン君は2才の男の子です。

fc2blog_201603231835512a8.jpg




トイプードルのシロップちゃん・・・
もうすぐ6才の女の子です。

fc2blog_20160323183550969.jpg
右眼が白内障で眼球白濁しています。
左眼は角膜が傷ついていたので点眼治療を行い傷は完治しました。
視力はあります。
穏やかな子です。




トイプードルのカルーアちゃんは3才の女の子です。

fc2blog_201603231835291f8.jpg
シャイな子で他のワンコも苦手です。
他のワンコが苦手ですが人間から抱っこされると安心するのかスヤスヤと寝てしまいます。





トイプードルのココアちゃんは3才の女の子です。

fc2blog_20160323183528ec7.jpg
保護時は固まっている事が多かったココア・・・
今は、『ととのんハウス』の触れ合いルームを走り回っています(*^-^*)。
甘えん坊さんで抱っこも大好き(*^-^*)。





トイプードルのトニー君は4才になったばかりの男の子です。

fc2blog_20160323183527000.jpg
マーキングもしなくなりお利口さんです。
(マーキングは躾をすると、しなくなりますよ。)
無駄吠えや要求吠えもありません。







トイプードルのレモンちゃん・・・小振りな3才の女の子です。
fc2blog_20160323183526370.jpg
無駄吠えや要求吠えもなく穏やかなレモン・・・
甘えん坊で抱っこが大好きです。
他のワンコには興味示しません。





トイプードルのミルクちゃんは3才の甘えん坊な女の子です。

fc2blog_20160323183522794.jpg
超が付くほどの甘えん坊です。


この子は左前脚の先端が3センチほどありません。
他のワンコにかじられたそうです。

fc2blog_20160323183519890.jpg
fc2blog_201603231835208dd.jpg
画像にも記載しましたが
リハビリの結果、現在では走り回れるまでに回復しました。
日常生活には支障ありません。






動物保護団体ととのんが保護しているワンコ達・・・


動物保護団体ととのんの活動に賛同して下さっている温かいボランティアスタッフの皆さん全員の愛情を受け、ケアも受けています。
保護ワンコ達・・・
保護に関わっている人の気持ちをちゃんと分かってくれるんですよ(*^-^*)。

fc2blog_20160323183557bd4.jpg


ボランティアスタッフ一丸となって、保護ワンコ達の毎日のケアは欠かしません。
fc2blog_201603231835540f5.jpg







今日、保護活動をきちんとされている愛護団体さんに
2匹のチワワちゃんを委託致しました。

ブリーダーの元から保護した臍ヘルニアのある3才のチワワちゃん

fc2blog_201603242003304fb.jpg



置き餌で太りすぎてしまった2才の甘えん坊のチワワちゃん
fc2blog_20160324200321cc1.jpg




ととのんが委託させて頂いた団体さんの元でケアを受けながら幸せになれる日を過ごします。





動物保護団体ととのんは
保護ワンコにきちんとメンタルケアや身体のケアをして下さり保護活動に邁進していらっしゃる他愛護団体・保護団体さんと
連携しながら1つでも多くの命を
幸せに導いて行ける様に活動をしていきますので
宜しくお願い致します<(_ _)>。

もちろん、他の愛護団体さん・保護団体さんに保護されているワンコ達も
1日も早く痛みや痒み等の苦痛から解放され、終の棲家である素敵な里親様の元に巣立つ日が来る事を願って止みません。





動物保護団体ととのん

バナー

| 活動について | 21:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【拡散シェアお願い致します】レンタルペットショップバックヤードの子

ご覧頂きありがとうございます<(_ _)>。


闘病中のポメラニアン・チビの事を多くの方に見守って頂け、チビは幸せな時を過ごしています。
酸素室の中での生活ですが、酸素室の中から、こちらをジッと見つめてくれています。
そんなチビを見ながらブログを書いています。

画像は入院時のチビ

fc2blog_20160308181756e50.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
個人的にはチビに掛かりっきりになりたいのですが
世の中には保護を待っているワンコ達が沢山いるので、チビに掛かりっきりになれず虚しさとチビの容態に不安を感じながら
今日は、都内某所にある【レンタルペットショップ】に保護に行ってきました。

もう大半の子は保護しているのですが
まだ、ダックス1匹、コーギー1匹、ビーグル1匹、柴3匹、チワワ1匹が保護を待っている状況です。

今日は、都内の保護団体さんにもご協力を頂き、保護に向かいました。
レンタルペットショップのバックヤード・・・
レスキューに入った当時よりは改善されていましたが、悪臭が漂っていました。

団体さんにダックスを保護して頂きましたので当団体はチワワを保護する事に・・・

明日も他の場所からの保護がある為、収容スペースの問題で、隔離が必要なワンコの保護はどうしても少なくなります。



顔の毛も脱毛していました。

fc2blog_201603081808150cd.jpg

お腹や足の毛も・・・
fc2blog_20160308180818b3a.jpg
fc2blog_20160308180821038.jpg
fc2blog_20160308180824b21.jpg

里親様の募集開始までしばらく時間が掛かる子です。
時間は他の保護ワンコ達より掛かりますが、1日も早く痛みや痒みを無くすケア・治療をしていきます。


この子の脱毛の痕跡から考えられるのは
<脱毛状態の長期放置>です。
脱毛しているのに動物病院の受診もしない・・・
あり得ません。


このチワワちゃんがいたレンタルペットショップの店員さんにお話を詳しく聞きました。
「具合悪そうな子がいる事を店長に伝えても病院に連れて行かない」
「朝出勤してきたときに亡くなっていた子を何匹か見た・・・」

ワンコには命があります。
その子その子によって命の重みが違う訳はありません。

このレンタルペットショップのやり方・・・本当にあり得ないです。

ここから保護したワンコ達の中にはアカラスによる長期の治療が必要だったり、妊娠していたり・・・等々の理由で里親様の募集を未だに開始出来ない子も複数います。

物言わぬワンコ達に与えた苦痛・・・
同じ人間として許せないですよね。

口だけでいうのは簡単ですが・・・
動物保護団体ととのんは保護ワンコという存在自体を無くすための活動もしていますので
行政と連携して、悪徳業者の根絶をしています。
この場所の案件につきましても行政と連携させて頂いております。



コーギーやビーグルは他団体さんのご協力で来週全頭保護が出来ます。



動物保護団体ととのん

バナー







| 活動について | 18:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【シェア・拡散希望】里親様募集中のワンコ達です

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。


FBでは動画で皆様にご覧頂いておりますが
動物保護団体ととのんが保護し、里親様を募集しているワンコ達の画像をご覧下さい。


メディカルチェックや一定のケアを受け、里親様募集を開始したワンコ達です。




匍匐前進で甘えてくるチワワ・タマゴ・・・
そんなに活発ではなく執着心も強くないので一緒に暮らしやすい子です。

fc2blog_20160305201645e36.jpg


チワワ・なると・・・
小振りな男の子で無駄吠えは一切ありません。
誰にでも尻尾フリフリの子です。

fc2blog_201603052016446e6.jpg



ポメラニアン・イブ・・・
めちゃくちゃ甘えん坊です。
しかしお利口さんなので、分離不安になるような事はありません。
お留守番も上手に出来る可愛い子です。

fc2blog_2016030520163284e.jpg





トイプードル・バニラ・・・
穏やかな子で無駄吠えや要求吠えもありません。
初対面の人に甘える時は、そろりそろりと近づいてきます。

fc2blog_2016030520163072a.jpg




トイプードル・ミク・・・
人が大好きで抱っこも大好きな子です。
おもちゃ遊びもしてかわいい子です。
もちろん無駄吠えや要求吠えはありません。

fc2blog_2016030520162948a.jpg





チワワ・アミ・・・
真っ白な被毛が自慢なようで優雅に動きます。
少しシャイですが抱っこが大好きで今日も色々な方に抱っこをして頂きました。
欲も強くありません。

fc2blog_201603052016274b8.jpg





シーズー・姫・・・
穏やかで大人しい子です。
抱っこが大好きな子です。
特徴ある瞳に癒されますよ。

20160224203445c7f.jpeg




ペキニーズ・エース君
先天性の全盲ですが・・・
環境適応能力が非常に高い子です。
堂々と歩き回り、物にはぶつかったりしません。
かなりの甘えん坊でワンコが好きな方にはお腹を見せ、ゴロゴロします。

fc2blog_20160305201635ad3.jpg
fc2blog_201603052016379e5.jpg






動物保護団体ととのんが保護し『ととのんハウス』で里親ご希望の方々と触れ合って頂けるワンコ達・・・

『ととのんハウス』に御来訪される皆様から

「静かですね」
「吠えませんね」
「甘えん坊さんですね」
「保護されている子には見えませんね」
との感想を頂いています。

色々な場所から保護を行っていますので、
保護時には
人間に対し攻撃的な子や
極端に臆病な子
尻尾フリフリな子・・・etc
色々なタイプの子がいます。

動物保護団体ととのんの活動方針は
☆一日も早く保護ワンコの痛みや痒み等の苦痛を取り除く事・・・
☆一日も早く終の棲家である里親様の元に託させて頂く事・・・
☆そして、里親様と共に幸せに導いていく事・・・
です。

里親様の元に送り出すときは
里親様のご負担や懸念事項を無くすために
ワンコ達のメンタルケアも出来る限りボランティア一同で行わせて頂いております。

fc2blog_20160305201639c61.jpg



動物保護団体ととのんのボランティアスタッフさん方々に見守られながら・・・
fc2blog_20160305201642b27.jpg
この子達もノンビリと生活をしながら
里親様の元へ巣立つ日を待っています。



当団体が保護しているワンコだけではなく
色々な場所で保護されているワンコ達に
一日も早く平穏な日々が訪れる事を願って止みません。



これからも
動物保護団体ととのんの活動を宜しくお願い致します<(_ _)>。



動物保護団体ととのんスタッフ一同

バナー

| 活動について | 21:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |