非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【マルイ◯I◯I池袋店正面玄関譲渡会のお知らせ,物資ご支援のお願いです】

シェア・情報拡散が可能な皆様はシェア・情報拡散へのご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございます。

非営利動物保護団体ととのん が保護し里親様を募集させて頂いている保護ワンコ達・・・
ゴールデンウィークは『ととのんハウス』から遠足で
マルイ◯I◯I池袋店さんの正面玄関に向かいます。

【日程】5月4日・5月5日

【時間】両日とも13時〜16時

【場所】マルイ◯I◯I池袋店さん正面玄関
《東京都豊島区西池袋3-28-13》

【催事】・保護犬譲渡会
・保護犬公開トリミング
・保護犬セミナー
・保護犬との触れ合い会
・無麻酔歯石除去実演会

【詳細】☆譲渡会には20数匹のワンコ達が各日参加します。
〈チワワ・トイプードル・Mダックス・Mシュナウザー・ポメラニアン・ミニチュアピンシャー・ヨークシャーテリア・フレンチブルドッグ・MIXワンコetc・・・〉

☆公開トリミングでは、アメリカ帰りのトリマー笠原氏が一般家庭でも出来るワンコのケア方法をお教え致します。

☆保護犬セミナーでは、保護犬についての色々なお話の他、
良い団体悪い団体の見分け方etc保護ワンコをお迎えご検討中の方々や色々な保護団体・愛護団体を支援されている方々に役立つ情報を公開します。

☆保護犬触れ合い会では、直接保護ワンコ達と触れ合って頂く事で保護ワンコ達の本当の姿や性格などを感じて頂き
ワンコを家族にお迎えしようと検討中の方々に、保護ワンコを家族としてお迎え頂く選択肢を作って頂ければ…と思っています。

☆無麻酔歯石除去実演会では、公認歯石除去インストラクターによる無麻酔で行う歯石除去の実演会を行います。無麻酔で歯石除去を行う事でワンコへの負担はかなり軽減されます。

***************************

非営利動物保護団体ととのんでは・・・『ととのんハウス』のホームページにも記載しておりますが、
寄付金等の金銭の寄付はご辞退申し上げております。

しかし物資のご支援には甘えさせて頂いております。

保護活動に参加したくても、色々な事情で直接保護ワンコの預かりボランティアや
保護ワンコのケアボランティアに参加する事が出来ない愛犬家の皆様に

「一緒に活動をしている」

と思って頂きたいので物資のみご支援に甘えさせて頂いております。

保護活動には色々な形で携わる事が出来るとの考えからです。

0416-1.jpg

0416-2.jpg

0420-001.jpg

0420-002.jpg

0416-5.jpg

上記画像は厚かましくも当団体が御支援頂ければありがたい物資です。

宜しくお願い致します。


非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg














| 活動について | 22:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ととのんハウス』で6匹のワンコ達を受け入れました

ご覧下さりありがとうございます

非営利動物保護団体ととのん『ととのんサポートハウス』で寄生虫寄生や感染症罹患がない事が分かった
6匹のワンコ達を先日『ととのんハウス』で受け入れました。

『ととのんハウス』移動後は
いつもの様に『ととのんハウス』受け入れケアを行っています。

『ととのんハウス』受け入れケアの様子をご覧下さい。






非営利動物保護団体ととのん

| 未分類 | 23:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今後の非営利動物保護団体ととのん【ととのんサポートハウス】から【ととのんハウス】への移動予定

ご覧くださりありがとうございます。

今後の非営利動物保護団体ととのん【ととのんサポートハウス】から【ととのんハウス】への移動予定です。

☆4月14日7匹(トイプードル・Mシュナウザー・チワワ・ヨークシャーテリアetc)

☆4月19日10匹(トイプードル・チワワetc)

☆4月21日4匹(トイプードル・キャバリアetc)

☆4月26日16匹(MIX・トイプードル・チワワ・Mダックス・マルチーズ・ヨークシャーテリア・グリフォン・フレンチブルドッグetc)

☆4月28日4匹(トイプードル・チワワ・マルチーズ・ヨークシャーテリア)

上記のワンコ達は非営利動物保護団体ととのん『ととのんサポートハウス』で寄生虫寄生や感染症罹患がない事を確認の上、
『ととのんハウス』での受け入れ予定です。

随時、『ととのんハウス』のホームページにも画像を掲載予定です。

宜しくお願い致します。



非営利動物保護団体ととのん


| 保護受け入れ | 20:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ととのんハウス』でワンコ達を受け入れました

ご覧下さりありがとうございます

非営利動物保護団体ととのん『ととのんサポートハウス』で寄生虫寄生や感染症罹患がない事が分かった
ワンコ達を先日『ととのんハウス』で受け入れました。

『ととのんハウス』移動後は
いつもの様に『ととのんハウス』受け入れケアを行っています。

『ととのんハウス』受け入れケアの様子をご覧下さい。





非営利動物保護団体ととのん

| 保護受け入れ | 20:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護ワンコ達を幸せに〜マルイ◯I◯I池袋店正面玄関譲渡会のお知らせ】

シェア・情報拡散が可能な皆様はシェア・情報拡散へのご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ご覧の下さりありがとうございます。

非営利動物保護団体ととのん が保護し里親様を募集させて頂いている保護ワンコ達・・・
ゴールデンウィークは『ととのんハウス』から遠足で
マルイ◯I◯I池袋店さんの正面玄関に向かいます。

【日程】5月4日・5月5日

【時間】両日とも13時〜16時

【場所】マルイ◯I◯I池袋店さん正面玄関
《東京都豊島区西池袋3-28-13》

【催事】・保護犬譲渡会
・保護犬公開トリミング
・保護犬セミナー
・保護犬との触れ合い会
・無麻酔歯石除去実演会

【詳細】☆譲渡会には20数匹のワンコ達が各日参加します。
〈チワワ・トイプードル・Mダックス・Mシュナウザー・ポメラニアン・ミニチュアピンシャー・ヨークシャーテリア・フレンチブルドッグ・MIXワンコetc・・・〉

☆公開トリミングでは、アメリカ帰りのトリマー笠原氏が一般家庭でも出来るワンコのケア方法をお教え致します。

☆保護犬セミナーでは、保護犬についての色々なお話の他、
良い団体悪い団体の見分け方etc保護ワンコをお迎えご検討中の方々や色々な保護団体・愛護団体を支援されている方々に役立つ情報を公開します。

☆保護犬触れ合い会では、直接保護ワンコ達と触れ合って頂く事で保護ワンコ達の本当の姿や性格などを感じて頂き
ワンコを家族にお迎えしようと検討中の方々に、保護ワンコを家族としてお迎え頂く選択肢を作って頂ければ…と思っています。

☆無麻酔歯石除去実演会では、公認歯石除去インストラクターによる無麻酔で行う歯石除去の実演会を行います。無麻酔で歯石除去を行う事でワンコへの負担はかなり軽減されます。


非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg



| 活動について | 06:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【食道狭窄の手術を受けたフレンチブルドック花音…温かい皆様からのエールのお陰で退院する事が出来ました。】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん が保護している
生後10ヶ月のフレンチブルドック花音…

温かい皆様からのエールのお陰で
今日無事に退院する事が出来ました。

手術痕は大きく痛々しいですが、花音は殆ど痛みを感じておらず元気です。

産まれてから一度も食べた事のなかったドライフードも美味しそうに食べています。

現在のフレンチブルドック花音の様子と
手術後のCアームでの画像をご覧下さい。





Cアームは、検査費用は高額ですが麻酔の必要もなく
リアルタイムで透視出来る優れ物の検査機器です。

そして先日卒業したマルプーちゃんの里親さんから、ほのぼのとした動画が送られてきました。



先住犬たちの真似をして一緒にご飯・・・かわいいですよね(^^♪

**********************************************
非営利動物保護団体ととのんでは、1匹でも多くの保護すべきワンコ達を保護する為に・・・
『ととのんハウス』のお手伝いをして下さるボランティアさんを募集しています。

☆『いままで厳しい生活環境や寂しい生活環境にいたワンコを救いたい・・・』

☆『保護犬という存在を減らすお手伝いがしたい・・・』

☆『ワンコは住宅事情などで飼っていないけど、いろんなワンコと触れ合いワンコを癒したい』

☆『ワンコ飼育の専門的知識がないので、ワンコについて学びたい。』

☆『トリマーや動物看護士の経験などがあるので役立てたい。』etc・・・

ご興味のある方は、是非保護ワンコ達の為にご協力をお願い致します。

協力ボランティアさんは

★保護ワンコのお世話(愛情を与えられず生活していたワンコや、劣悪な環境にいたワンコに深い愛情で接してください)

★保護ワンコのケアのお手伝い(シャンプーやカット、爪や耳のお手入れのお手伝い)

★ととのんハウスを訪れてくださる方への保護犬の紹介のお手伝い

★ハウス内清掃

★HP・ブログ・SNSの運営のお手伝い etc・・・

の活動をして頂きます。

専門的な知識がなくても問題ありません。
〈現在のボランティアさんの約半数はボランティア未経験の方々です〉
保護ワンコ達に愛情を注いで下さるだけで大歓迎です。

自らが精一杯ケアをしていた保護犬達の
・懸命に生きる姿を直接感じたり、
・幸せに生きる姿を直接見たり、
・里親様に迎えられ里親様宅で幸せになった姿を見る喜びを分かち合いませんか?!

非営利動物保護団体ととのん は
《ワンコに対する医療措置やケアについて、『出来る事を出来る限り』のスタンスで活動させて頂いています。
出来る事を拡大する事に積極的です。

ボランティア活動時間
8:00~19:00
上記の時間内であれば、
月に1時間でも構いません。
皆さんのお力をお貸しください<(_ _)>。
場所は東京都北区赤羽になります。(駅から徒歩8分)
・お昼に活動参加して下さるボランティアさんには心ながらのお弁当をご用意させて頂いています。
・ボランティア休憩スペースには
常時、コーヒーやアイスコーヒー、紅茶、オヤツなどのケータリングも御座います。

保護されたワンコ達に
私達人間が温かい家族である事を
理解して貰う為に、1人でも多くの方に
ご協力を賜れます様、宜しくお願い致します。

0409-7.jpg

ボランティアへのご応募は

非営利動物保護団体ととのん

からお願い申し上げます。



非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg



| 保護犬の様子 | 19:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【食道狭窄のフレンチブルドック花音・・・温かい皆様のお陰で無事に手術を乗り越えました】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん が保護している
フレンチブルドック花音・・・

食道に動脈が巻き付いていて動脈が食道を締め付けている為に
食道狭窄を起こしていました。
食道狭窄…かなり食道が狭く固形物は食道を通る事が出来ない程の状態でした。〈動画参照〉



保護前の花音はドロドロにしたフードを
〈食べては吐き食べては吐き〉の状況だったので、元飼い主と話をし保護する事が出来ました。

保護後は色々な検査を行いました。
食道狭窄を放置していれば、食道閉塞を起こし命の危険もある為、
食道狭窄の原因になっている動脈管を切り外す手術を行う事にし、昨夜手術を行いました。


1時間以上に及ぶ手術となりましたが、
花音は皆様のエールのお陰で手術を乗り越えてくれました。

手術直後の花音〈横たわっていますが。〉の画像と

0408-5.jpg

傷の画像、

0408-2.jpg

0408-3.jpg

0408-4.jpg

今朝の花音の動画をご覧ください。



非営利動物保護団体ととのん は
保護したワンコ達を幸せに導く為に
高額な検査や医療措置が必要であれば必ず行っています。

非営利動物保護団体ととのんは ワンコの為に使うトイレシートやオムツなどのサニタリー用品の
ご支援品には甘えさせて頂いておりますが、
寄付金やご支援金などの金銭の寄付は一切ご辞退させて頂いておりますのでご理解下さいます様、
宜しくお願い致しますm(_ _)m。



非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg

| 未分類 | 23:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

里親様より送られてきたワンコ達の画像です。

ご覧下さりありがとうございます

今日は先週里親様から頂いた
非営利動物保護団体ととのん卒業ワンコ達の現在の姿をご覧下さい。



当団体の卒業ワンコ達は
素敵な里親様の元で幸せになっています。



非営利動物保護団体ととのん


| 里親様からの近況画像のご紹介 | 18:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せに導く為には、身体のケアと並行してワンコ達の躾をする事が大切だと考えています】

ご覧下さりありがとうございます。

長くなりましたが最後までお読み下されば幸いです。

昨日『ととのんハウス』で受け入れたワンコ達のケアが終わり昨晩一泊入院をして里親様募集前のメディカルチェックを受けました。

ケア後のワンコ達の画像をご覧下さい。

0406-1.jpg

0406-2.jpg

0406-3.jpg

0406-4.jpg

0406-5.jpg

0406-6_.jpg

0406-7.jpg

0406-8.jpg

0406-9.jpg

0406-10.jpg

0406-11.jpg

0406-12.jpg

0406-13.jpg

0406-14.jpg

0406-15.jpg

0406-16.jpg


※※※※※※※※
非営利動物保護団体ととのん では
保護が必要なワンコ達を保護する活動の他、
保護ワンコという存在を減らす為の活動も行っていますが・・・

昨年度の一般家庭からの保護依頼についての
集計が終わりましたので、こちらでお知らせしようと思います。

昨年度の
一般家庭からの保護依頼数…145匹
その中で
止むを得ず保護が必要と判断された数…32匹
でした。
止むを得ずというのは
『飼い主の疾患により飼育不可能』
『飼い主貧困により飼育不可能』なケースです。

では
その他の113匹は・・・
『飼い主の無責任飼育開始によるもの』
『ワンコの躾がきちんと出来ていない事が起因のもの』
でした。

当団体では32匹の保護受け入れは行いましたが、113匹の飼い主さんとは
詳しくお話しをさせて頂き、飼育指導や躾アドバイスなどを行い、
継続飼育可能な状態に致しました。〈今現在も継続して監督しています〉

残念な事ですが
一般家庭からの保護依頼のうち
71匹が色々な保護団体さんや愛護団体さんが
譲渡した元保護ワンコ達でした。

保護ワンコだったワンコが
再び保護ワンコにさせられそうになっていたのです。

保護ワンコを譲渡された際には
『飼育不可能になったら保護団体にワンコを戻す』という契約内容になっているにも関わらず、譲渡された団体さんに飼育継続困難の連絡を入れた飼い主さんは半数ほどでした。

何故連絡しない里親がいるのか…
当然、その理由を聞いています。
『譲渡される時に嫌な思いをした』
『譲渡後に相談しようと連絡したが折り返しの連絡もない』
という事が飼育放棄時の飼い主の言い分です。

連絡をした飼い主に対して
『戻されても困るから自分で何とかして下さい』
『躾教室やトレーナーに頼みなさい』
と回答している団体さんもあります。

上記の方々の飼育放棄の理由としては
『トライアルの時から気になっていた無駄吠えが酷くなり近所から苦情が頻繁に来るようになった』
『トライアルの時には気にならなかったが先住ワンコとの関係が悪く、団体さんからの指導通りに接してもワンコ同士の喧嘩が絶えず、見ていられない』
『譲渡の際にフィラリア陰性と聞いたけれど、検査したら陽性だった。陽性のワンコを飼育する自信がない』
などなど多岐に渡ります。

元保護ワンコ達の飼育放棄の話を聞きながら
問題だなぁと感じたのは・・・

☆譲渡の際に譲渡費用を支払っても領収書や受領書を発行していない団体が多い

☆血液検査も問題なかったと口頭のみで伝え
病院発行の血液検査結果表を里親に渡していないケースが多い

☆去勢手術をしワクチンを接種しただけのチワワについて6万もの譲渡費用を請求された

☆フィラリア陰性だと言われたが検査したら
陽性だった

などなど保護団体や愛護団体側に問題があるケースが多い事です。

当団体では元保護ワンコの引き取り依頼があった場合
必ずどちらの団体さんから譲り受けた子か確認させて頂いています。
昨年度ですと
都内のNPO団体さんから巣立ったワンコが9匹
埼玉のNPO団体さんから巣立ったワンコが7匹
が飛び抜けて多かったです。

飼育放棄される里親譲渡が行われている団体さんのホームページやブログなどを拝見しましたが、
確かに巣立ったワンコ達の近況画像などが殆どありませんでした。

世の中、色々な保護団体さん・愛護団体さんがありますが
色々な団体さんをご支援されている皆様…

保護されたワンコ達がどのような医療を受け、どのような境遇で生活しているか事実を知り、
きちんと活動されている団体さんへご支援される事を願っています。

保護活動をしている方々が
保護している動物に対する正しい知識を身に付けられる事を願って止みません。
里親さんへの正しい教育が大切だと思います。






非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg

| 活動について | 19:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ととのんハウス』で10匹のワンコ達を受け入れました

ご覧下さりありがとうございます

非営利動物保護団体ととのん『ととのんサポートハウス』で寄生虫寄生や感染症罹患がない事が分かった
10匹のワンコ達を先日『ととのんハウス』で受け入れました。

『ととのんハウス』移動後は
いつもの様に『ととのんハウス』受け入れケアを行っています。

『ととのんハウス』受け入れケアの様子をご覧下さい。







非営利動物保護団体ととのん

| 保護受け入れ | 22:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT