FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護ワンコという存在を無くす為に、多くの保護が必要なワンコ達を受け入れるだけでなく、保護ワンコという存在が無くなる様に色々な働き掛けをしながら活動しています】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん は
ワンコ達を保護受け入れするだけでなく
保護ワンコそのものの存在を無くす為の活動も日々行っています。

私達が住む日本…
多くのワンコ達がいます。

一般家庭で飼われているワンコも多いですよね。

しかし、一般家庭で愛情を受けて幸せに暮らし続けられるワンコも
飼い主さんが無責任だったり、不慮の事故があると
幸せな生活が断絶してしまうケースが多々見受けられます。

私達、非営利動物保護団体ととのんは
一般家庭で飼育されているワンコ達の躾や問題行動の相談もお電話などでお受けし、
飼育放棄に繋がらない様に働き掛けています。
非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』は
タウンページにも掲載されています。

そして、日本で最も多くのワンコ達が生活している場所…

それは
ワンコの繁殖を生業としているブリーダーさん、犬屋(ワンコの事を物の様に考えている業者を犬屋と呼んでいます)です。

非営利動物保護団体ととのん は
保護施設が小さいので
小型ワンコに特化した保護受け入れを行っておりますが、大型ワンコなどは
信頼させて頂いている団体さんに委託させて頂いています。

ワンコ達が多く生活している場所が
倒壊して多くのワンコ達が路頭に迷ってしまう…時々ニュースにもなっていますね。

非営利動物保護団体ととのん は
路頭に迷うワンコ達の存在を0にする為の
活動も行っています。
元飼い主(ブリーダーさんや犬屋)からの言いなりの保護ではなく
当団体の飼育環境指導や繁殖制限指導、ケア指導を
きちんと受けて下さる場所からのみ
受け入れ保護を行なっています。ワンコの事を愛しているブリーダーさん以外の犬屋からは拒否られます。

それは何故か…
当団体の指導やアドバイスを受けない犬屋は
異口同音に
「お宅の指導を受けなくても、何回産ませてもお金払えば引き取ってくれる団体がいるから必要ない」
と言います。
詳しくは書きませんが悲しい現実です。

今日は東京都の
動物取扱責任者講習会でした。
私も動物取扱責任者ですので参加して来ました。

動愛法には
・動物取扱責任者が動物及び管理に関しての不備・不適事項を発見した場合は、
第一種動物取扱業者(ブリーダーさんや犬屋)に対して、改善を進言しなければならない。

・第一種動物取扱業者(ブリーダーさんや犬屋)は、
動物取扱責任者の進言に対し、速やかに対処し改善する様に努めなれけばならない
と定められています。

当団体が活動を始めて、約10年になりますが、
当団体の活動主旨に賛同し、
適正な飼育頭数維持・飼育環境改善・繁殖制限を
して下さっているブリーダーさんは確実に増えています。

これからも保護受け入れだけでなく、
行政にワンコ達を持ち込ませない活動を継続していきます。

動画は今日の『ととのんハウス』です。



そして本日も運命の出会いを果たし、笑顔で『ととのんハウス』を
卒業したワンコが…

ワンコと里親様の初めての記念撮影です

0629-201.jpg

里親様に抱かれて幸せそうですね。

幸せなワンコ達の姿を見るたびに
本当に幸せな気持ちになります。


非営利動物保護団体ととのん



| 保護受け入れ | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達には細やかな観察やケアが必要不可欠です】

シェア・情報拡散が可能な方はワンコ達の為に
ご協力を宜しくお願い申し上げます。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

昨日と本日の『ととのんハウス』の様子と





あたたかい気持ちをお持ちの里親様の家族となり
『ととのんハウス』を卒業したワンコ達と里親様との記念撮影です。

0628-201.jpg

0628-202.jpg

幸せな表情に思わずほっこりしてしまう瞬間です。

こんな素敵な光景に安堵の気持ちと幸せな気持ちを味わいながら
日々の活動の力にしています。

非営利動物保護団体ととのん では
ボランティアさんを募集しています。

今現在『ととのんハウス』で保護しているワンコ達の数が、
かなり多くなっている状態です。

1匹で多くのワンコ達を幸せに導く活動のお手伝いをしてくださいませんか?

・『ととのんハウス』でワンコ達のお世話をして下さるケアボランティアさん
・保護しているワンコの預かりをして下さる預かりボランティアさん

ご都合に合わせたご協力を頂ければ幸いです。

『ととのんハウス』では
朝8時〜夜8時の時間であれば
1時間のお手伝いでもありがたくご協力頂いています。

シフト制ではありませんので
お時間がある時にご協力頂ければ幸いです。

ボランティア未経験の方でも、ワンコが好きな方であればご協力頂いています。

他団体のボランティアで嫌な思いをされたボランティアさん方々も沢山いらっしゃいますが
どなたからも「ととのんのボランティアは、
やり甲斐があるし協力しやすい」
とのお言葉を頂いています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

温かい皆様のご協力を宜しくお願い致します。

お気軽にボランティアへのご応募、お問い合わせをお待ちしておりますm(_ _)m

ボランティアさん募集と併せ、直接保護ワンコに使用する物資のご支援をお願いしております。
当団体では、寄付金・ご支援金等の金銭のご支援は固くご辞退させて頂いておりますが、
直接保護ワンコに使用する物資のご支援にのみ甘えさせて頂いております。

非営利動物保護団体ととのんの活動に賛同してくださった皆様からの温かいお気持ちのこもったご支援物資は保護ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。

御支援頂けるとありがたいリストを 『ととのんハウス』の
ホームページの方に掲載しております。

Image_2212dae.jpg



重ねて宜しくお願い致します。


※※※※※

里親の黒様から頂きました

0628-01里親様の黒様

0628-01里親様の黒様2

里親の宇内様からいただきました

0628-02里親の宇内様


ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。





非営利動物保護団体ととのん

| ボランティアさん募集 | 20:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【10匹のワンコ達を『ととのんハウス』で受け入れました。】

ご覧いただきありがとうございます。

『ととのんハウス』では里親さま募集を開始するワンコ達は受け入れケアを経て、
募集前の最終メディカルチェックを受ける為に一泊入院します。

メディカルチェックでは
血液検査や超音波検査などを受け、
『ととのんハウス』でケアを受け、のんびり生活をしながら
新しい家族との出会いを待つ事になります。

本日の『ととのんハウス』の様子と受け入れケアの様子です




非営利動物保護団体ととのん


| 保護受け入れ | 20:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達には細やかな気配り気遣いが大切です。】

シェア・情報拡散が可能な方は、ワンコ達の幸せの為に是非ご協力を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。
非営利動物保護団体ととのんが
東京都北区赤羽2丁目32ー1で開設している
『ととのんハウス』…
『ととのんハウス』には
里親様との出会いを心待ちにしている可愛いワンコ達が、
温かいボランティアさん方々のケアを毎日受けながら
ノンビリ生活しています。

身体のケアは…
※皮膚被毛ケア(シャンプーケアやマイクロバブルケアの他にも皮膚被毛サプリや免疫力アップサプリを使用しています)
※耳ケア(イヤークリーナーを毎日使用して、外耳炎や中耳炎罹患に気を付けながらケアをしています。必要に応じて点耳薬を使用)
※口腔ケア(歯石や口臭を予防する為に歯磨きの他にもデンタルクリーンや歯石クリーンを使用)

☆☆☆☆☆☆☆

『ととのんハウス』は年中無休ですので、
開放時間であれば、予約なしにご来訪頂けます。

新しい家族を探していらっしゃる方々…
保護活動をされいらっしゃる方々…
是非『ととのんハウス』にお越し頂き
保護ワンコ達の様子を実際に触れ合いながら
ご覧下されば…と思います。
ボランティア一同心よりお待ち申し上げております。

『ととのんハウス』から巣立つワンコ達の新しい家族である里親様は皆様素敵な方々ばかりです。

ですのでワンコ達も里親様宅環境に慣れるのが早いです。

里親様方々は、『ととのんハウス』の事を
お散歩で仲良くなられた愛犬家の方々や
ご近所の方々に広く拡めて下さっています。

嬉しい事ですよね。
非営利動物保護団体ととのん は
これからも
保護が必要なワンコは保護受け入れを行い、
保護出来ないワンコ達にも少しでも快適な生活が送れるように様々な働き掛けをしながら活動して参りますので
宜しくお願い致しますm(_ _)m。

今日の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。



本日の卒業犬です。

0625-201.jpg

これから新しい里親様と共に幸せになります。

非営利動物保護団体ととのん




| 『ととのんハウス』の様子です | 06:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』ボランティアさん大募集中です】

シェア・情報拡散が可能な方は、ワンコ達の為に
ご協力を宜しくお願い申し上げます。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

雨の中、昨日、今日と『ととのんハウス』には
多くの方々がご来訪下さりました。ありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん は
・繁殖制限指導や環境指導・ケア指導をしている場所や

・他団体さんからの委託で問題行動ある子達

・色々な事情で飼い主が居ない子達

などを保護受け入れしています。

非営利動物保護団体ととのん が
東京都北区赤羽2丁目32ー1に開設している『ととのんハウス』は
1年中、里親様を募集しているワンコ達と
里親ご希望の方々が
直接、濃く触れ合って頂ける清潔な施設です。

非営利動物保護団体ととのん の
保護数が今年は今日で700匹を越えました。
(『ととのんハウス』に移動完了した子は600ちょっとです)

保護したワンコ達は
『ととのんサポートハウス』での
ファーストメディカルチェックを経て、順次
『ととのんハウス』へと移動させています。

『ととのんハウス』受け入れ後は、里親様募集前のセカンドメディカルチェックを行なっています。

『ととのんハウス』では
開放時間を平日13時〜15時
土日祝日を13時〜16時
とさせて頂いており、
その時間帯であれば、どなたでも予約など必要なく
ご来訪頂け、ワンコ達と直接触れ合って頂く事が出来ます。

開放時間が、その時間なのは
長時間の開放触れ合いをするとワンコ達が疲れてしまうからなのと
ワンコ達の身体のケアをしなければならないからです。

『ととのんハウス』では
朝8時頃から夜8時頃までの間であれば
1時間でも
ワンコのケアやお世話をして下さるボランティアさんを募集しています。

シフト制ではありませんので
ご都合良い時のみのご協力でOKです。

ワンコが好きな方であれば、どなたにでも参加頂けます。
(モラルある方のみですが)

当団体のボランティアさんは素敵な方々ばかりですので
「活動に参加しやすい」「やり甲斐ある」
と他団体で経験あるボランティアさん方々も
仰って下さっています。
お時間少し取れる方、是非私達と一緒に活動しませんか?

お気軽にお問い合わせください。
今日の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。

非営利動物保護団体ととのん は
ボランティアさんがやり甲斐のある活動参加しやすい環境を作っています。

『ととのんハウス』でボランティアをしていると
ワンコに対するスキルアップにも繋がりますよ。

今日の『ととのんハウス』の様子です。



そして今日の卒業犬・・・
里親様との初めての記念撮影です。

0624-207.jpg

0624-206.jpg

0624-205.jpg

0624-204.jpg

0624-203.jpg

0624-202.jpg

0624-201.jpg

0624-208.jpg

幸せなワンコ達の姿を見るたびに
本当に幸せな気持ちになります。

ボランティア活動の中でも、とても嬉しい瞬間です。
全てのワンコ達が幸せな犬生を送れるように、
これからも活動してまいります。

よろしくお願い致します。



非営利動物保護団体ととのん








| ボランティアさん募集 | 19:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ワンコ達を幸せに導く為に…】

ご覧下さりありがとうございます。

非営利動物保護団体ととのんが
東京都北区赤羽2丁目32ー1で開設している『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。



『ととのんハウス』では
温かい気持ちをお持ちのボランティアさん方々が連携して
保護ワンコ達を幸せに導く為の一環として
・1日も早く痛みや痒みなどの苦痛から解放する為の身体のケアや
・1日も早く終の住処となる里親様の元に巣立てる為のメンタルケア
を毎日、継続して行っています。

それが保護ワンコ達にとってベターだと確信しているからです。

ケアが1日遅くなれば
幸せになれる日も1日先になってしまう と考えています。

これからも
非営利動物保護団体ととのん は
約200名のボランティアが一丸となって
日々勉強しながら
より良い活動が出来るように邁進しますので
宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのんには
約200名のボランティアさんが在籍していますが
全てのボランティアさんが頻繁にお手伝いに駆け付けられる訳ではありませんし、
1人でも多くの方々に活動を知って頂く為に
ボランティアさんを常時募集しています。

宜しくお願い致しますm(_ _)m。

悪しき慣習を踏襲せず
現状に満足せず
より良い活動が出来るように取り組んでいます。

そして本日も運命の出会いを果たし、笑顔で『ととのんハウス』を
卒業したワンコ達が…

ワンコ達と里親様の初めての記念撮影です。

0623-202.jpg

0623-201.jpg

0623-206.jpg

0623-205.jpg

0623-204.jpg

0623-203.jpg

里親様に抱かれて幸せそうですね。

幸せなワンコ達の姿を見るたびに
本当に幸せな気持ちになります。


非営利動物保護団体ととのん



| 『ととのんハウス』の様子です | 20:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達には細やかな観察やケアが必要不可欠です】

シェア・情報拡散が可能な方はご協力を宜しくお願い致します。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
毎日、里親様を募集しているワンコ達と
里親ご希望の方々が直接濃厚に触れ合って頂く事が出来ます。

来訪者さんが自由にワンコ達に触れ合う事が可能なのは
当団体のボランティアスタッフが一丸となって
ワンコ達の身体やメンタルのケアを継続して行う事で
ワンコ達が私達人間の存在を正しく認識する事が出来ているからです。

ワンコ達と接する時に大切な事があります。

ワンコ達は上手に痛みや痒みなどを私達に伝えられない事があります。

ワンコ達が上手に伝えられない痛みや痒みなどの苦痛を普段接している私達が気が付いてあげられる事で
ワンコ達の疾患に気が付く事が出来ますし
適切な治療を獣医さんにお願いする事が出来ます。

怪我でも病気でも
早期発見早期治療をする事が大切です。

※※※

多くの皆様に温かいエールを頂いて心臓の手術を無事に乗り越えたチワワ・ディジー君…
術後の経過も良いので今日退院する事が出来ました。


さて、、、
非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
私達と一緒にワンコたちを幸せに繋いで下さるボランティアさんを募集しています。

月に1回1時間でも
『ととのんハウス』でワンコ達と触れ合って下される方…
是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ボランティアさんの中には
『ととのんハウス』にお泊まりをして下さるボランティアさんもいらっしゃるんですよ(^_^)。

温かいボランティアさん方々と一緒に
ワンコ達が幸せになる為の活動にご協力下されば幸いです。

ご検討宜しくお願い致しますm(_ _)m。

今日の『ととのんハウス』の様子と



卒業したワンコと里親様の記念撮影です。

0622-201.jpg


これから里親様の愛情を一身に受け
幸せになります。




非営利動物保護団体ととのん






| ボランティアさん募集 | 21:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せに繋ぐ為に】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

愛犬家さんで
フォロー可能な方も是非フォローお願い致します。

活動だけでなくワンコについての色々な情報を発信しておりますので宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
今日13匹のワンコ達を『ととのんサポートハウス』から移動させました。

今年604匹のワンコ達が『ととのんハウス』に
やって来ています。

一昨年が723匹
昨年が851匹の受け入れでしたので
今年は昨年を上回る数になっています。

当団体の場合、
保護数が多い=保護を必要とするワンコが増えている
のではありません。

それは、
非営利動物保護団体ととのんはワンコを保護する際は、言いなりの保護はしていないからです。

幸せになるワンコは確実に増えています。

きちんと環境指導や繁殖制限指導、ケア指導を行って
いますので、数千以上のワンコ達の生活環境の改善や
保護出来たワンコ達の幸せに繋がっています。

今日の『ととのんハウス』には
大手企業のJohnson &Johnsonの有志の16名の方々が
保護ワンコの事を知る為に
『ととのんハウス』へお越し下さり
実際にワンコのケアに携わって下さりました。

今日の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。



昨日、心臓の精密検査で手術対応出来る心疾患だったチワワのディジー君…
今日手術を受ける事が出来ました。

そして手術は無事に終わりました。

温かいエールを下さった皆様のお陰です。

ありがとうございますm(_ _)m。

これからも
非営利動物保護団体ととのんは
保護数が多いから…と
アバウトなケアや医療措置をせず
出来る限りの細かいケアや医療が行えるように
活動して参りますので
ボランティア一同、宜しくお願い致します。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
ボランティアさんを募集しています。

経験不問・月に1回でも大歓迎です。


ボランティア活動をしていて一番幸せを瞬間は・・・
ワンコ達が終生を共に生きていく里親様に抱かれて卒業していく瞬間です。

一抹の寂しさはもちろんありますが、理解ある里親様の元で第二の犬生を
スタートさせるワンコ達を笑顔で送り出したいと思っています。

今日も『ととのんハウス』を里親様と共に卒業したワンコ達が

0621-201.jpg

0621-202.jpg

0621-203.jpg


きっと幸せになります。



非営利動物保護団体ととのん





| 未分類 | 22:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達を一日も早く終の住処となる里親様の元に卒業させる事が出来る為に…】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん が
東京都北区赤羽2丁目32ー1で開設している
『ととのんハウス』には
多くのワンコ達が、ボランティアさん方々から毎日ケアを受けながらノンビリ暮らしています。

ノンビリ暮らしながら
終生幸せにして下さる新しい家族との出会いを心待ちにしています。

非営利動物保護団体ととのん が
保護したワンコ達は
保護した時から
・身体のケア
・メンタルケア
を同時進行させています。

非営利動物保護団体ととのん では、獣医さんやボランティアさんが連携して
ファーストメディカルチェック、
セカンドメディカルチェックを経て
その後のケアも毎日継続させ、
里親様の募集を開始させて頂いています。

里親様の募集を一日も早く開始する事で
そのワンコが幸せになれる日が早く訪れ、幸せへの道が拡がります。

しかし、当団体の活動に関わっているボランティアさんや獣医さん方々は
現状に満足していません。

満足すると、そこで成長が止まってしまう可能性があるので…。

非営利動物保護団体ととのんは、
常に勉強しながら
常にワンコファーストを考えながら
常に向上心を持ちながら
毎日活動しています。

今日の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。




非営利動物保護団体ととのん



| 活動について | 07:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【今日は『ととのんハウス』で12匹のワンコ達を受け入れました】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
今日12匹のワンコ達を
『ととのんサポートハウス』から移動させました。

『ととのんハウス』受け入れ後は
いつものように『ととのんハウス』受け入れケアを行いました。

受け入れの様子を動画でご覧下さい。



非営利動物保護団体ととのんは
ワンコを保護した場合、
即受け入れケアを行うと共に
感染症罹患検査・寄生虫寄生の有無・寄生虫駆除薬投与などをファーストメディカルチェックとして
病院にて行っています。

それら感染症罹患の検査や寄生虫寄生の検査をきちんとしなければ、
万一、保護したワンコが感染症に罹患したり
寄生虫の宿主になっていると
他のワンコにまで拡がってしまいます。

拡がってしまうと他のワンコが可哀想ですし、何より罹患しているワンコの治療をしなければなりませんから。

当たり前の事だと思ってやっていますが、
10年以上活動している団体さんの中には
ロクにメディカルチェックやケアをしていない所があります。

そういう団体は、
『数多く救っているから、多少アバウトになるのは仕方ない…』『委託している団体達も理解してくれている』…
と言い訳?しています。

すぐにケアをしない事を進言すると、
『貴方が完璧主義過ぎるのよ』
「悪口言われた」となってしまいます。

非営利動物保護団体ととのん は
そのような団体さんとは関わるのを止めました。

現に、どこの団体とは言いませんが
・下痢をしているワンコを預かりボランティアさんに預け
預かりボランティアさんが「下痢してますけど大丈夫なんですか?」
と聞くと
「抗生剤呑ませておけば大丈夫」と検査もせずに
抗生剤を素人の団体関係者から渡された経験のある方々もいらっしゃいます。

結局、抗生剤を呑ませても下痢は治らず……
預かりボランティアさんがワンコを不憫に思い病院に連れて行き検査するとジアルジアがいた…そうです。

不幸な事に、そのボランティアさんのワンコにまで
ジアルジアが寄生してしまう結果となりました。

目も当てられません。

私も
他の団体さんが保護して
何度もトライアル失敗したワンコを委託された事があります。

団体さんから委託されたその日に受け入れケア、メディカルチェック搬送したのですが、その子には沢山のシラミが寄生していた…などの経験があります。

私の場合は委託される数が多かったのですが、
中にはもっと酷いワンコもいました。

そんな経験から
ケアや医療措置を第一に考えている
今の活動があるのです。

前説が長くなりましたが
今日『ととのんハウス』に移動させたワンコ達の
受け入れケア後の姿もご覧下さい。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』には
色々な保護団体・愛護団体でのボランティアをご経験された方々が沢山いらっしゃいます。

ここでは書けないような酷い体験談もお聞きしています。

その方々が経験して来た良い事は
どんど活動に活かせるようにしています。

もちろん…悪い面は継続させないようにして頂いています。

当団体は、
ボランティア教育にも力を入れてより良い活動が出来るようにしています


非営利動物保護団体ととのん


| 保護受け入れ | 21:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT