非営利動物保護団体totonon活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チワワ・シャロン・・・里親さんの元へ

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。


今日は8匹の保護ワンコの不妊手術・ヘルニア手術・皮下陰睾・乳腺腫瘍の手術を行って頂きました。
8匹とも無事に手術も終わりましたのでご安心くださいね(*^-^*)。





チワワ・シャロン・・・
他ボランティアさんが半年間保護していましたが威嚇や噛み付きがあって里親様を募集出来なかった為に、当団体が委託保護した子です。

fc2blog_20151002220302c7b.jpg
噛み癖や威嚇は直ぐに治りました。

誰に対しても甘えるようになりましたのでご安心ください<(_ _)>。


噛み付きや威嚇が無くなりましたので当団体にご協力下さっている方を経て里親様にお引渡し致しました(*^-^*)。



シャロンと里親Oさん・・・
シャロンの首の傾げ方が可愛いですよね(*^-^*)。

fc2blog_20151007233618134.jpg



シャロンは「人が怖い」と思って自身を守るために、威嚇や噛み付きをしていたんです。
でも、シャロンは人の優しさを知りました(*^-^*)。

fc2blog_20151007221727038.jpg
小さなお子さんにも甘えて行きます。



シャロン・・・良い目してますよね(*^-^*)。

fc2blog_20151007221731d53.jpg






チワワ・シャロン・・・
広島県にお住いのOさんの家族の一員として、一身に愛情を受け幸せになります(*^-^*)。



ととのんに素敵な里親様が加わりました(*^-^*)。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当団体は、里親様が責任感ある行動の伴う素敵な方であれば、どこにお住いの方であろうとも(飼育不可物件にお住いの方は除きますが)
ワンコは必ず幸せになれると思っています。
現実、当団体からは2000以上の命が幸せになる為に、巣立っていますが遠方に巣立った子達も幸せになっています。



数年前から、個人の飼い主さん方からワンコの引き取り相談が月に10件ペースであるのですが
残念な事に、その8割は他ボラさんが保護していた元保護ワンコ達なんです・・・

引き取り相談が来た場合・・・
「何故飼育放棄をするのか?」
「いつから一緒に暮らしている子なのか?」
「今、何歳の子なのか?」
「どこから迎え入れた子なのか?」
等々の質問をしていますが、
8割に上る方々は、迎え入れた子の経緯として
「愛護団体・ボランティアさんから引き取った保護犬です」
と答えます。


飼育放棄の理由は様々ですが、
元保護ワンコの飼育放棄をしようとしている方々には
「飼育放棄するのであれば、引き取った団体に話をするべきでは?」と申し上げるのですが
皆さん、異口同音の答えが返って来ます。
その内容についてはブログ等で公表する事ではありませんので差し控えます。

個人的には、どこのボラさんの里親さんが飼育放棄をしようとしていたのか、統計を取っています。
全く名前の出てこないボラさんもいらっしゃいますが、幾つかの団体さんが譲渡した子に偏って来ているようです。


ボラさん方々は・・・
保護している子に里親希望があった場合、里親譲渡条件を満たされている里親希望の方に対して、
里親希望者さんの自宅確認を行い
色々な飼育環境のアドバイスをし、
保護ワンコを直接お届けし
ある程度のトライアル期間を設け、
その後に漸く、「正式譲渡」・・・という流れかと思います。

正式譲渡の際にも色々と説明等をされているかと思います。
しかし
そのような流れで譲渡されたにも関わらず、飼育放棄をしようとする人が後を絶ちません。

お届けできる範囲の方に保護ワンコを託しても、このような無責任な行動を取る方もいるという現実・・・
これらの事を色々と踏まえ、当団体では里親様の居住地に付いては特段の制限を設けておりません。

当団体の里親様方々は・・・遠方の方ほど、「遠方なのに託してくれた」と感謝の気持ちを持って下さり、近況報告も数多いものになっています。

もちろん、団体所在地近隣の里親希望の方に託すという事は有意義だとも思いますが、
近隣の方に託された子達が飼育放棄されようとしている現実を思えば、
遠方譲渡を否定する事は出来ないと当団体は考え、里親様との相互信頼関係の下に
保護ワンコ達を里親様に託させて頂いております。
要は保護ワンコ達と里親様方々が幸せになって下さる事が1番大事だと思っています。




動物保護団体ととのん

バナー







| 幸せになった子達 | 22:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT