非営利動物保護団体totonon活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保護しているワンコ画像と里親様から頂いた画像

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。


動物保護団体ととのんは、関東近県だけではなく全国各地からの保護依頼をお受けする様にしています。

保護したワンコはメディカルチェックを受け、罹患している子は出来る限りの手術や治療をし、
幸せにして下さる里親様へと繋ぐ活動を心掛けています。

里親様は募集しておりませんが、現在当団体が保護し治療やケアをしているワンコの1部の画像をお見せ致します。



一般家庭から保護したチワワ・クレア・・・
8歳の女の子です。
白内障が進行していて視力がありません。
視力を失ってから余り時間が経過していない様で、保護時は物音にかなり敏感になっており
何も言わずに急にクレアに触れると「ガブッ」と来ていました。

fc2blog_20151107210917ba9.jpg
現在は、今の生活環境に慣れ、声を掛けると尻尾をフリフリしています。
私達人間だって急に眼が見えなくなったら・・・不安ですよね。
ワンコ達も私達人間と同じです。

心臓も僧房弁閉鎖不全で雑音があります。
臨床症状(咳やチアノーゼ)はありませんので投薬はしていませんが1日2時間酸素室で過ごしてもらっています。




大きい乳腺腫瘍がかなり広範囲にあるMダックス・レモン・・・
6歳の女の子です。
保護時はガリガリに痩せていたので、高カロリー食を与えています。少しずつ体重も増えて来ました。
体重がある程度まで増えましたら腫瘍の摘出手術を行います。

fc2blog_20151107210923e36.jpg




当団体は、受け入れスペースがあれば、罹患していたり疾患を抱えている状態の子を積極的に保護受け入れしています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

里親様から頂いた画像です。

fc2blog_20151107210927909.jpg
fc2blog_20151107210925eb2.jpg



保護時に罹患していた沢山のワンコ達・・・殆どの子達は検査や手術、治療を受け、素敵な里親様の元で幸せに暮らしています(*^-^*)。

しかし、中には手術治療等が出来ず看取らなければならない子達もいます。
看取らなければならない子達には私達スタッフが愛情を注ぎながらのんびり暮らして貰っています。


どこまでの事が出来るのか・・・未知数ですが、目の前のワンコ達が幸せになるように頑張るのみです<(_ _)>。


動物保護団体ととのん

バナー

| 活動について | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT