非営利動物保護団体totonon活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

他保護団体から保護したパピヨン子犬

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。




可愛い子犬ですよね。
この子はパピヨンの生後2ヶ月の男の子・・・

fc2blog_201512301808497af.jpg


この子を先週保護しました。
「心臓に雑音があるから・・・」という事が飼育放棄の原因だそうです。

心臓に雑音があっても、手術や投薬で苦痛なく延命出来る事もあると思います。
しかし、この子は飼育放棄されてしまいました。

動物保護団体ととのんとして
この子を委託してきた所がどこの団体さんであろうが関係なく
この子にとって最善の措置を採るのみです。

複数の病院を受診・・・
結果は『PDA』でした。
PDAは心臓の中の血液の流速が早くなり心臓肥大を起こしてしまう先天性の心臓疾患の1つです。
しかし、このPDAは手術さえ成功すれば、健常な子と同じ生活を送れます。
ですので、
当団体としては、
信頼できる獣医さんに手術をお願いしました。



手術直後のパピヨン・・・

fc2blog_20151230180848c35.jpg
胸の傷跡が痛々しいです。
手術は無事に終わり、麻酔からの覚醒を待つばかり・・・



数時間後、覚醒しました。
この時点で、すでに心雑音は消失・・・さすがスーパードクター・・・

fc2blog_20151230180846271.jpg




この子の場合、血管が脆かった為、普通の糸では結索が出来ず
人間の心臓手術でも使われる高価なクリップを6つも使って下さりました。

fc2blog_201512301808459d0.jpg
このままで、この子は一生を普通のワンコと同じように過ごす事が出来ます(*^-^*)。


食欲もあり日に日に回復しています
fc2blog_20151230180841a26.jpg




先生の手に抱かれて、満足気ですね(*^-^*)。
fc2blog_201512301808433ef.jpg



この子の名前は、「ラッキー」と命名しました。


心臓疾患の手術を乗り越えたパピヨン・ラッキー・・・
里親様募集開始致します。



動物保護団体ととのんでは
この子の様な高度な医療を受けているワンコでも
譲渡費用は一律の費用です。
もちろん、特別な医療費のご支援金を募る事もありません。


ラッキーとの面談は、明後日から『ととのんハウス』にて可能です。





・・・・・・・・・・
『ととのんハウス』には他にも幸せになる為に里親様との出会いを待っているワンコ達が生活しています。
温かい皆様が情報拡散をして下さるお力で連日多くの方々に来訪頂いています。

fc2blog_20151230180835aaf.jpg
fc2blog_20151230180831564.jpg
fc2blog_20151230180826861.jpg
fc2blog_20151230180839ecf.jpg



大晦日も元旦も、いつもと同じように面談可能ですので
是非、お越しください<(_ _)>。







動物保護団体ととのん

バナー






| 保護犬の様子 | 21:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT