非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【拡散希望】皆様のお陰で心臓手術をしたポメラニアン無事に退院しました。

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。

先週、心臓の手術を受けたポメラニアンの子犬・・・

皆様の応援が届き
今日無事に退院しましたのでお伝え致します<(_ _)>。

fc2blog_20160203195812a3e.jpg
fc2blog_201602031958096fa.jpg
fc2blog_20160203195806434.jpg
画像に文字を入れさせて頂きましたが
元気いっぱいで走り回っています。
先週心臓の手術を受けたワンコとは思えません。

ご心配下さった皆様、本当にありがとうございます<(_ _)>。


この子を幸せに導いて下さる里親様を募集致しますので、情報拡散協力、宜しくお願い致します<(_ _)>。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は、当団体が保護している状況をお伝えする機会がなかなか取れませんが
劣悪な環境での生活を余儀なくされていて生命の危険にもさらされているワンコ達の保護受け入れを
継続して行っています。
保護したワンコ達は、簡易検診の後、受け入れたその日のうちに皮膚被毛の状態を改善する為にトリミングサロンさんで
シャンプートリミングを行い、その足で病院搬送し
基本項目のメディカルチェック【触診・聴診・検耳・検眼・検便・皮膚検査・血液検査】を獣医さんにして頂き、
異常があった場合には精密検査【2D超音波検査・3D超音波検査・X線検査・眼圧測定・眼球染色検査】等を行っています。
場合によっては専門医に受診しています。

ワンコの疾患の中には、無症状のものがあったり、全身の精密な検査をしなければ分からないような潜在している疾患もあります。
目に見える異常がない保護ワンコにどこまでの医療検査を受けさせるべきなのか・・・いつも考えさせられている問題です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週も保護したワンコ達が数匹います。
今週保護したワンコ達にも乳腺腫瘍や、ヘルニアがある子が複数いました。

fc2blog_201602031958219d1.jpg
fc2blog_20160203195818b86.jpg
fc2blog_20160203195815a97.jpg

もちろん、これらのヘルニアや乳腺腫瘍は不妊手術時にきちんと摘出や整復をして頂きますのでご安心ください。



怪我で片側の眼球がないワンコの里親募集も今週末から開始致します。

IMG_2743.jpg





色々な方々からの色々なご意見を糧としながら、よりベターな活動が出来る様に心掛けて行こうと思いますので
皆様、ご指導宜しくお願い致します<(_ _)>。
動物保護団体ととのん

バナー


| 活動について | 22:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT