非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護ワンコの受け入れ】 【保護しているワンコ達を幸せに導く為に】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を
宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん が
『ととのんサポートハウス』で保護し
・寄生虫寄生や感染症罹患がない事が判明したワンコ達を
5月19日金曜日に3匹『ととのんハウス』へと移動させました。

『ととのんハウス』へ移動後は
いつもの様に『ととのんハウス』受け入れケアを
トリマーボランティアさんやボランティアさん方々が行いました。

ケアの様子を動画でご覧下さい。



ケア後のかわいいワンコ達の画像です。

0521-06.jpg

0521-07.jpg

0521-08_.jpg

0521-09.jpg

0521-10.jpg

0521-11.jpg

0521-12.jpg

0521-13.jpg

0521-14.jpg

0521-15.jpg

0521-16.jpg

0521-17.jpg

チワワのジョニー君・・・精密検査の結果、心臓に異常がありました。
3Dエコーでの精密検査の結果、
僧帽弁閉鎖不全でした。
臨床症状が出ていないのが不幸中の幸いです。
ジョニーも皆さんと一緒に
必ず幸せに繋ぎたいです。
皆様のシェア・情報拡散へのご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

そして今日の『ととのんハウス』の様子です

0521-25.jpg

昨日・今日とたくさんの方をワンコ達に会いに来てくれました。

今日までで『ととのんハウス』を卒業して、里親様とともに
新しい犬生を送ることになったワンコ達と里親様との記念写真です。

0521-21 - コピー

0521-20.jpg

0521-22 - コピー

0521-24 - コピー

0521-23 - コピー

0521-26.jpg

0521-27.jpg

0521-28.jpg

0521-29.jpg

0521-30.jpg

0521-31.jpg

0521-32 - コピー

0521-33.jpg

0521-34.jpg

これから里親様の愛情を一身に受け
幸せになります。

非営利動物保護団体ととのん が
5月10日に保護したトイプードルの子犬ロペ君・・・

ロペ君の病状は下記動画をご覧ください。



先天性の口蓋裂があり
体力もなく肺炎を起こし
命の危険もある状態での保護でした。

軟口蓋にも大きな穴があり
唾液さえも肺に入りやすい状態でした。

保護後は直ちにメディカルチェックを受け、
呼吸困難を伴う肺炎がある事を確認し、
入院して肺炎治療をしながら、誤嚥性肺炎が酷くならない為の措置をして頂き、
鼻から栄養補給をして体力を付け手術を受けられる状態にまで回復させました。

そして
水曜日に手術を受けました。
術後の経過も順調で
明日退院出来る事になりましたので
FBをご覧の皆様に御報告致します。

暫くは流動食を食べさせながら
ケアをしていきます。

保護したワンコ達の命は
保護主の対応にも左右されると思います。

これからも小さな身体の大きな命を
幸せへと導く為に
出来る事を出来る限り
行っていきますので宜しくお願い致します。

非営利動物保護団体ととのん




| 保護受け入れ | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT