FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護ワンコ達を幸せに導く為に】

シェア・情報拡散が可能な方は
是非ご協力を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。
非営利動物保護団体ととのん が保護をして
『ととのんサポートハウス』でのメディカルチェックで
寄生虫寄生や感染症罹患がない事が判明した11匹の子達を
今日『ととのんハウス』へ移動しました。

『ととのんハウス』受け入れ後は
いつものように温かいボランティアさん方々の連携で受け入れケアをスムーズに行いました。

ケアの様子をご覧下さい。
(ケアの様子と合わせて『ととのんハウス』開場時間前の触れ合いルームの様子、
手術後のディジーの様子、預かりボランティアさん宅でのワンコ達の様子です。)




受け入れケア後は病院搬送し、
里親様募集前のメディカルチェック〈触診、聴診、検耳、検眼、ワクチン接種、超音波検査、フロントライン滴下、フィラリア駆虫薬投与、血液生化学検査&必要あれば眼圧測定、X線検査、スクラッチ検査etc〉を
一泊入院して受けます。

血液検査の結果表などは譲渡の際に里親様にお渡しさせて頂いています。

※※※※※※※※※※※※※※※

先日の
メディカルチェックでの腹部エコー検査で
チワワのディジーに酷い内臓の癒着が見られました。

獣医さんのご協力により、
即開腹手術を行って頂きましたが、
卵巣・子宮が腸や膀胱にまで癒着していました。

帝王切開での出産で、
卵巣や子宮などの癒着は
他の保護ワンコ達にも多々見られるのですが、
ディジーは腹腔内の臓器癒着が酷く
経験豊富な獣医さんでも、剥離に時間が掛かりました。

胃や小腸の癒着部分は丁寧に剥離して頂き、綺麗に腹腔内トリミングをして頂きました。
ディジー・・・小さな身体で手術を乗り越えることが出来ました。傷は大きくなってしまいましたが
今日無事に退院しました。食欲もあり尻尾もフリフリしてくれています。

これからも保護したワンコ達を幸せに導く為に、保護後のケアやメディカルチェック内容を充実させながら
活動していきますので、宜しくお願い致しますm(_ _)m。

※※※※※※※※※※※※※※※

0712-04.jpg

大富様からいただきました。ありがとうございます。

0712-03.jpg

Amazonから届きました。ありがとうございます。
送ってくださった方からの連絡をお待ちしております。

ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。

※※※※※※※※※※※※※※※

ただいま、『ととのんハウス』には運命の出会いを待っているワンコ達が
たくさんいます。

紹介用の動画を作成しました。
ご覧ください。



毎日、13時~15時(土日は13時~16時)に
里親様を募集させて頂いているワンコと直接触れ合って頂けます。

是非、ワンコ達に会いに『ととのんハウス』にいらしてください。




非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg



| 保護受け入れ | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT