非営利動物保護団体totonon活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ワンコ達が幸せに暮らせる世の中を目指しています】

《心臓手術を受けたダックス・天音の様子》
《心臓手術を受けたキャバマル・ランの様子》
《心臓手術を今日受けたマルチーズ子犬の術後》
《頚椎手術を受けたトイプードル・ピノの様子》

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん の
医療措置やケアなどをご存知の方々からのご相談で
異状あるワンコ達の保護依頼が増えています。

最近の1週間でも
・キャバマルの心臓奇形の手術
・水曜日には心雑音を1年放置されていたダックスの心臓手術
・金曜日には頚椎奇形のトイプードルの手術
・土曜日には心雑音あるマルチーズ子犬の手術
ほぼ連日、命の為に高度医療を必要とするワンコのオペが続いていますが
手術は全て成功しています。

※※※※※※※※※※※

頚椎奇形の手術を受けたトイプードルのピノちゃんは、1月生まれの女の子です。
あるペットショップで販売され
一度は飼い主さんの元で生活をしていた子です。

しかし、飼い主さんの元で
先天性の頚椎奇形がある事が分かり、
無責任な飼い主は
治療をせずに
ペットショップにピノを戻したそうです。

ペットショップはピノがいたブリーダーにピノを戻そうとしたそうですが、《命として扱ってない行為ですよね!》
ブリーダーから拒否されたらしく
ペットショップの従業員さんからの依頼で
保護受け入れをしました。

頚椎奇形の手術は脊髄の神経がすぐ側を通っているので難易度の高い手術の1つですが、
ピノちゃんには、痛みや麻痺も出ていたので
手術を受けました。
手術は無事に成功しました。

手術後のピノの様子をご覧下さい。



手術後の心雑音あるマルチーズ子犬の手術



非営利動物保護団体ととのん は
どんなに高額な高度医療措置を行なっても
支援金や寄付金などを募ったり受領する事は御座いません。

里親様への譲渡時の費用も当団体一律の譲渡費用です。

譲渡の際には血液検査の結果や精密検査結果なども開示しお渡ししています。

1人でも多くの方々に
非営利動物保護団体ととのん の活動を知って頂きたく思いますので、
シェア・情報拡散が可能な皆様は是非ご協力を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん は
ただ保護受け入れをして医療措置やケアをするだけではなく
保護ワンコという存在や
不幸な境遇で生活をしているワンコ達が
より良い生活を送る事が出来るように
色々な活動を展開しています。

非営利動物保護団体ととのん では
一緒に活動して下さるボランティアさんを募集ささて頂いております。

月1回、2ヶ月に1回など
不定期なお手伝いでも大歓迎です。
ワンコ達が幸せに暮らせる世の中を作りましょう。



非営利動物保護団体ととのん
S_5661524465900.jpg



| 未分類 | 23:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT