FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【非営利動物保護団体ととのん は 現在200名程のボランティアスタッフが一丸となって来年もワンコと里親様が幸せになれるような活動を心掛けますので、 宜しくお願い致しますm(_ _)m】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

皆様、今年も有難うございました

ボランティア一同、皆様の温かいお気持ちに感謝致しております。

非営利動物保護団体ととのん は
これからもワンコと里親希望者さんの立場に立った活動を行なって参りますので
宜しくお願い致しますm(_ _)m。

当団体が保護し里親様の元に巣立ったワンコ達…
どのワンコも里親様の愛情を全身で受け止め
幸せになっています。

持病や不慮の事故で虹の橋を渡る事になってしまった子達もいますが、
少しでも長い間、里親様の元で愛情を注がれ続けていた事に間違いはありません。

非営利動物保護団体ととのん は
ワンコ達を保護受け入れをした時点から
適切なメディカルチェックやケアを開始し、
一般家庭で生活しているワンコと同等、それ以上の医療措置やケアを里親様の元に卒業するまで
毎日継続して行っています。

当団体のボランティアさん方々もモチベーションが高い素敵な方々ばかりですし、
獣医の資格を持っているボランティアさんや
トリマーの資格を持っているボランティアさんや
動物看護士の資格を持っているボランティアさんなど
スキル高いボランティアさん方々が
愛犬家のボランティアさん方々に色々な事をご指導しながら
ワンコ達に色々なケアや最低限の躾などを行い
活動をしています。

今年も多くの方々のご協力で
850匹のワンコ達を『ととのんハウス』で受け入れ
837匹のワンコ達が素敵な里親様の元に巣立つ事が出来ました。
ありがとうございますm(_ _)m。

当団体の保護するワンコ達には
治療不可能な疾患を抱えているワンコや、
他のワンコとは違う容姿をしているチャームポイントを持っているワンコも複数いますが、
どのワンコにも里親として名乗りを上げて下さる方々がいらっしゃる事は非常にありがたく嬉しい事です。

ボランティア一同を代表してお礼申し上げます。

ありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん は
里親希望者さんや里親さんとの連絡を密に取り続けながら
卒業生達と里親様がノンビリ暮らせるように活動しています。

卒業生には
必ず【血液検査結果表、ワクチン接種証明書、マイクロチップ登録用紙、罹患ある子の場合エコー検査画像やレントゲン画像など】を持たせて卒業させています。

本日の卒業生と里親様の記念撮影です。

1231-201.jpg

1231-203.jpg

1231-202.jpg

また譲渡契約の際は
二枚複写の譲渡契約書に、里子が受けたメディカルチェック内容、その結果などを明記して
里親様に譲渡契約書の写しを差し上げています。

譲渡費用受領の際にも
受領金額はもちろんですが、
・最終ワクチン接種日
・最終ノミダニ予防薬滴下日
・フィラリア検査の結果や予防薬の最終投与日
・狂犬病ワクチンの接種予定日
などもきちんと記載した書類をお渡しさせて頂いています。

他の団体さんからワンコを迎えた事のある方々からは良い意味でビックリされます。

保護後にワンコ達に行った事をきちんと里親さんに伝達するという
当たり前の事が当たり前にどこでも行われるようになる事を願っています。

当団体の活動について
根も葉もない噂話を流布している団体さんがある事が分かりました。

同じ活動をしている者として残念です。
ご不安な方は
【百聞は一見に如かず】
是非、『ととのんハウス』へ足をお運びになり
ご自身の目でワンコ達や施設の状態をご確認頂ければと思います(^ ^)。

昨日と今日の『ととのんハウス』の様子を動画でご覧下さい。





今回が今年最後の記事になりますが、
『ととのんハウス』は年末年始も毎日開放していますので
卒業生や里親ご希望の皆さま
是非足をお運び下さい(^ ^)。

※※※※※※※

里親様の坂本様よりいただきました。ありがとうございます。

1231-01.jpg

ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。

※※※※※※※

意外と知られていないワンコのお話で今年は締め括らせて頂きまーす。

★ワンコとの共生は人間に幸福感をもたらし、健康にも好影響があります。

メルボルン大学の研究によると、ワンコと暮らす子供は免疫力が増加し、何らかのアレルギーにかかるリスクが15パーセント減少する事が発表されました。

★ワンコの耳はレーダーのような役割も担っていて、100分の6秒以内に音源を探すことができます。

★ワンコは有機化合物の匂いをかぎ分けることが出来ます。その為、人間の癌や糖尿病、てんかん発作などの兆候を知る事が出来ます。

★イギリス・ドイツの研究機関の研究によるとワンコは、日常のルーティン(例えば飼い主の帰宅や食事、散歩など)について未来を予測する事が可能です。

★意外に知られていないのがワンコの歯の数・・・成犬の歯の数は42本、大人になる前の犬の歯は28本。

★ワンコの嗅覚は鋭く、人間の1万倍から10万倍の嗅覚を持っています(犬種により異なる)。

★ワンコは色盲だと言われていますが、モノクロの世界を見ているわけではなく、青色と黄色は見分ける事が出来ます。

★ワンコは250位の言葉と仕草(ジェスチャー)を理解出来うる脳を持っています。

★ワンコには磁場が「見える」磁気受容という能力が備わっていることが最近発見されました。ワンコが排泄をする際、南北の方角を向いて軸に沿って整列して用を足す事が多いとの研究論文が発表されています。

★ワンコには「嫉妬」の感情があります。

★もしワンコが飼い主と離ればなれになる状況に不安を感じているようなら、飼い主の匂いの染みついた衣類などの切れ端をワンコの傍においておけば不安を軽減出来ます。

★ワンコが丸くなって眠るのは、腹部や臓器を外敵から守るためなんです。

★ワンコは天気の変化を感知することが出来ます。ワンコがいつもと違う仕草を見せたら、それは嵐や雨の前兆かもしれません。

★地球上にはおよそ5億2,500万匹のワンコがいます。

★ワンコには人間への治療能力があることが知られていて、1700年代からドッグセラピーが行われています。

★ワンコは身体に手足を置かれると支配されていると感じるため、主従関係が希薄な人から抱きしめられるのを好みません。

★アメリカでは、半数以上の家庭で、ペットとしてワンコを飼っています。


非営利動物保護団体ととのん



| 活動について | 17:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT