FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護したワンコ達を里親様に託し幸せにして頂く為に】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん では
ワンコ達が1番多くいる場所(ブリーダーさんや犬屋)などで生活しているワンコ達も
幸せな生活が送れるように様々な活動を行なっています。

その他、一般家庭で飼育されているワンコ達が
飼育放棄されないように色々なアドバイスなどをさせて頂きながら
終生飼養を受けられるように働きかける活動も行なっています。

飼育放棄や保健所持ち込み、愛護センター持ち込みを防ぐ活動でもあります。

皆さんからよく言われる事の1つに
「ととのんさんの保護するワンコ達は若い子が多く、可愛い子が多いですね」
という言葉があります。

何故若い年齢のワンコが保護出来るのか…

それは先程述べたブリーダーさんや犬屋に対する繁殖制限指導や環境指導をする事で
ブリーダーさんや犬屋のワンコたちに対する想いを
責任感あるものに導いているからです。

保護したワンコ達のメディカルチェックの結果なども
元飼育者であるブリーダーさんや犬屋に伝える事で
保護が出来ないワンコ達の飼育環境改善
〔フードなどの改善〕
〔皮膚被毛ケアや口腔内ケアの必要性伝達〕
〔乳腺腫瘍やヘルニアの早期発見の為に、普段からのワンコ達の身体の観察〕
などなどをブリーダーさん方々に実施して頂いています。

当団体が活動を始めた9年前は
保護するワンコ達は8才〜のワンコ達が殆どでした。
4回も5回も出産させられていたワンコ達です。

それらのワンコ達を保護しながら
複数回の出産をさせられる事で生殖器や内臓が癒着してしまっていたり
乳腺腫瘍が出来ていたりしているワンコ達の現状を、
それらのワンコ達を飼育していたブリーダーさんや犬屋に対し画像などで伝え、
ワンコ達も私達と同様に命ある生き物である事などを実際に目で見て知って頂く事を
地道にして来ました。

それらの活動結果が、年数が経過する毎に出て来ているのです。

「この子はお産一回しかしていないけれど、お産が難産だったから2回目のお産させると可哀想だから繁殖引退させる」

「この子は繁殖不向きだから繁殖させないから」

などブリーダーさんから頼まれて保護する事もありますし、
環境指導などで犬舎に出向いた時に
ワンコ達の現状を見て
当団体から飼育放棄を促す事も多々あります。

そのような表には出辛い活動を、地道にして来ているからこそ
現在の活動に繋がっています。
多くに見られる

〔犬屋に引き取り料を貰って引き取る〕事もありませんし、
〔犬屋に引き取り料を貰って引き取っているにも関わらずネットには
「倒壊した現場から保護した」と虚偽事項を発信している団体〕
とは当団体は違います。

当団体の保護するワンコの中にも
疾患を抱えたワンコやハンデを持っているワンコ、
保護時には人間不信で噛み付いてくるワンコなど
色々います。

当団体は、それら如何なるワンコ達にも
正しい知識を持って
必要な医療措置や身体やメンタルのケアを毎日継続していく事で
全てのワンコ達が
可愛い子達なんですよ〜という事を1人でも多くの方々に知って頂きたく活動しています。

そんな地道な活動のかいもあり、今日も理解ある里親様の元へ巣立ったワンコが…

0108-201.jpg

幸せになります・・・

今日の『ととのんハウス』の様子です

 



非営利動物保護団体ととのん




| 活動について | 20:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT