FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護したワンコ達を確実に幸せに導く為に】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん が保護したワンコ達は
『ととのんサポートハウス』でまず
ファーストメディカルチェック〔触診、聴診、検耳、検眼、検便、フィラリア検査、皮膚検査など〕
を受け感染症の有無や寄生虫寄生の有無を確認します。

感染症罹患・寄生虫寄生がない事が判明したワンコ達は、予防薬などを投与し
その後、『ととのんハウス』へと移動しています。

『ととのんハウス』で受け入れた後は
里親様募集前のメディカルチェック〔触診、聴診、検耳、検眼、検便、3D超音波検査、ワクチン接種、必要あればレントゲン検査など〕を病院搬送して行います。

里親様募集前のメディカルチェック異常が認められるワンコは更に専門医にて精密検査〔眼圧測定、染色検査、Cアームでの検査、CT検査、MRI検査など〕を受けています。

保護したワンコ達の状態を把握する為に検査を行っています。

ワンコ達の状態を詳しく把握していなければ
適切な医療措置や治療、ケアなどが出来ませんから。

受けた検査については里親ご希望の方々にきちんとお伝えし
血液検査の結果表や画像診断されたワンコの場合は画像などをお見せしたりお渡しさせて頂いています。

里親ご希望の方々がお迎えをご検討下さっているワンコの状態をより詳しく里親希望者さんに伝え、
ワンコの状況を把握して頂く事も
大切だと考えているからです。

非営利動物保護団体ととのん が
東京都北区赤羽2丁目32ー1で開設している
『ととのんハウス』には
連日多くの方々が新しい家族との出会いを求めて
ご来訪下さっています。

ありがたいです。

ボランティアを代表して皆様にお礼申し上げます。

ありがとうございますm(_ _)m。

今日も
・心臓が悪いパピヨン男の子
・皮膚状態が悪かったヨークシャーテリア女の子
・ミニチュアダックスの男の子、女の子
に素敵なお家が見つかりました。

そして理解ある里親様の元へ巣立ったワンコが…

0110-201.jpg

幸せになります・・・

そして今日の『ととのんハウス』の様子です






非営利動物保護団体ととのん




| 保護受け入れ | 20:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT