FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せに繋いで行く為にボランティアが一丸となってスキルアップするように頑張っています】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん では
保護が必要なワンコ達を保護しながら
保護が出来ないワンコ達も幸せに暮らせる様に
様々な活動を行なっています。

ペットの流通について
様々な議論がなされていますが、
議論している間にも不幸な生活を強いられているワンコ達は存在しています。

非営利動物保護団体ととのん は
ペットの流通に通じているブリーダーさんや犬屋への
アドバイスや指導を行い
環境改善や繁殖制限などを促して
保護出来ないワンコ達の生活環境改善を行っています。

具体的には

繁殖は三回以上させない方が良い…

飼育環境を清潔にする…

身体のケアをきちんと定期的に行う…

一頭一ゲージの原則を守る…

フードの改善…

などなどです。

その活動は今に始まった事ではありません。

私が活動を始めた9年前からずっと行なって来ました。

活動を始めた当初は保護出来るワンコ達は10才を超えているシニアワンコ達ばかりでした。

保護を続けながら
様々なアドバイスや助言、指導を繰り返し反復して行う事で
ブリーダーさんや犬屋の意識改革・意識改善を浸透させるべく頑張っています。

当団体はブリーダーさんや犬屋へのアドバイスや指導をしていますが
中には聞く耳を持たない業者もいます。

そのような業者は、
「ととのんから指導やアドバイス受けなくても、お金さえ払えば引き取ってくれる保護団体があるから」
と言われます。

具体的にどこの団体に引き取り料を支払って引き取って貰っているのかを教えてくれる業者もいます。

そういう引き取りをしている団体は…
ブログやFBで
有償で引き取って来たワンコ達の事を
「倒壊した繁殖業者から保護した」と虚偽事項を発信している事が多いんですよ。

そのような言われるがままの引き取り団体がいる限り
真の意味で保護ワンコという存在は
生体販売が行われている限りなくならないでしょう。

しかし、幸いな事に
虚偽事項を発信している保護団体や愛護団体は
一般からの寄付金や支援金を募っている所ばかり…
真実を知り
そういう団体に支援をする人がいなくなれば
いい加減な保護団体や、愛護団体はなくなると思いますよ。

やたらと支援金や寄付金を募っている団体によく見られる傾向ですが
そのような団体は
身銭を切らずに活動している所が殆どです。

中にはワンコ達の医療をして貰っている病院への医療費をツケにして踏み倒して別の病院に変えるという病院ジプシーをしている所もあるようです。

もちろん真摯な活動をされていらっしゃる団体さんも沢山あります。

でもいい加減な活動をしている団体も多いです。

保護活動をしている団体さんを応援している方々…
応援する場合は
その団体さんが保護しているワンコ達が
一体どんな状態で保護されているのか・・・
ご確認された方が良いと思います。

4/22の『ととのんハウス』の様子をご覧下さい。



そしてこの週末に『ととのんハウス』を卒業して
理解ある里親様と新しい生活を始めたワンコ達です。

里親様との初めての記念撮影です。

0422-204.jpg

0422-203.jpg

0422-202.jpg

0422-201.jpg

0422-211.jpg

0422-210.jpg

0422-209.jpg

0422-208.jpg

0422-207.jpg

0422-206.jpg

0422-205.jpg

どのワンコ達も里親様方もいい笑顔です。
この輪が広がるように、地道な活動を続けてまいりますので
皆さん、応援お願い致します



非営利動物保護団体ととのん



| 活動について | 08:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT