非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』ボランティアさん募集中です】 【保護したワンコ達を幸せに繋ぐ為に】

シェア・情報拡散が可能な方は、是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん が保護しているワンコ達…
☆当団体が環境指導・繁殖制限指導・ケア指導をしているブリーダーさんの元からのワンコ達…
(日本ではワンコ達が最も多く生活をしているのがブリーダーさんの元でです。)

☆一般家庭飼育放棄ワンコ達…
(他団体が譲渡したワンコ達が半数以上です)
☆行政機関や司法機関から頼まれて保護するワンコ達…
などなど色々な所から保護受け入れを行なっています。

4月もあと少しで終わりですが
今年だけでも非営利動物保護団体ととのん が単独で保護受け入れをしたワンコ達の数は約400匹…

昨年は1年で850匹、一昨年は723匹…
毎年増えています。

保護受け入れ数は増えていますが、
保護受け入れするワンコ達の状態(健康状態や元生活していた環境)は年々良くなって来ています。

いくつかの動物病院にてメディカルチェックや、手術などを受けされて頂いておりますが、
長年当団体が受け入れ保護しているワンコ達のメディカルチェックをして下さっている獣医さん方々からも「他の団体から頼まれて入江さんが保護していたワンコ達と比べるとワンコ達の状態が良くなりましたね」と異口同音に言われます。

言われる通り、私が約3年前迄
年間200匹以上のワンコ達を、ある団体さんから引き受けていましたが、
その子達は
皮膚被毛状態が悪いだけでなく
数センチの乳腺腫瘍や
鶏の卵位の大きさのヘルニアを抱えていたり…
子宮蓄膿症で排膿していたり…
何らかの疾患を持っているワンコ達が殆どでした。

その団体は、いいなりの保護をしているので
いつまで経っても保護するワンコ達の状態は悪いままです。

「保護している」と言われれば聞こえは悪くありませんが、そのいい加減な保護の所為で、逆に不幸な生活を余儀なくされるワンコ達が減るどころか増えている現実があります…

悲しい事ですね。

今年もフィラリア予防の時期ですが
他団体から保護ワンコを迎えた方々からのホットラインには、
「4ヶ月前に譲渡して貰った時は、『血液検査異常ないです』と言われたのに
フィラリアの検査をしたら陽性だった」
など、基本的な検査さえして貰っていない状態の保護ワンコ達の里親さんからの相談の電話が増えています。

私も同じような経験があります。

他の団体さんから「この子、トライアル何回行っても戻されちゃうから入江さんの所で引き取って」と言われ
トライアルをしていた家庭から戻された当日にワンコを受け入れた事があります。

当団体は独自できちんとメディカルチェックを行う事に拘りがあるので
そのワンコをその日に病院搬送しメディカルチェックを受けさせました。

受け取った時、「随分フケが多いワンコだなぁ」と思っていましたが、
メディカルチェックの結果、そのフケの様なものは、
何と、《シラミ》でした。
その子は《シラミ》が身体中に寄生した状態で
その団体のシェルターで生活をし、
そして里親希望者のお家へトライアルに行っていたのです。

《シラミ》はワンコ自身にも痒みや痛みなどの苦痛がありますし、
人畜共通感染症の一つなので
ワンコから人にもうつります…
《シラミ》の件は沢山ある中の一つの事実ですが
他にも書いたら1週間では終わらない位に沢山の事を経験して来ました。

『他人のフリ見て我が振り直せ』の精神で
当団体は日々勉強しながら活動しています。

本日の『ととのんハウス』の様子です



※※※

ブリーダーさんの中には
ワンコを大切に考えている方々も沢山いらっしゃいます。

でも大切に考える気持ちは同じでも
大切にしている仕方が
各ブリーダーさんによって違う事が現実です。

非営利動物保護団体ととのん は
そのようなブリーダーさん方々に
色々な指導やアドバイスをしてスキルアップをして頂いています。

受け入れたワンコ達の血液検査の結果などメディカルチェックの結果を
元飼い主であるブリーダーさんに伝える事で
保護が出来ないワンコ達の生活改善にも役立てて貰っています。

受け入れたワンコ達は、ととのんならではの
細かいケアをボランティアさん方々が団結し連携して毎日欠かす事なく行っています。

冒頭にも書きましたが
非営利動物保護団体ととのん が受け入れているワンコの数が増えていますので、
『ととのんハウス』でワンコ達のお世話をしてくださるボランティアさんを募集しています。

『ととのんハウス』は一年中毎日、ワンコと来訪者さんとが直接触れ合える施設です。

ボランティアさんには
朝8時〜夜8時の時間帯であれば
1時間からのボランティア協力も大歓迎です。

月に1回でも、期間限定でも大歓迎です。

経験豊かな先輩ボランティアさんが1から教えてくれるので
未経験でも大丈夫です。

お気軽に『ととのんハウス』東京都北区赤羽2丁目32ー1にお越し頂くか、
『ととのんハウス』にお電話頂くか(03-6903-8080)
当団体のホームページ
http://totonon.jimdo.com/
からお問い合わせ下さい。

新しくお手伝い下さるボランティアさんも日々増えています。

そして本日もまた『ととのんハウス』を卒業したワンコが・・・

0427-201.jpg

幸せになるワンコ達の姿に私達も日々癒しと活力をもらっています。

ブログをご覧になっている方で少しでもご興味がありましたら
私達と一緒にワンコ達を幸せに繋ぐ活動をして下さいませんか?


非営利動物保護団体ととのん



| ボランティアさん募集 | 05:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT