非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハンデあったラブラドールの里親様からの近況報告です

ご覧下さりありがとうございます<(_ _)>。


今回は、里親様からの近況報告画像を、ブログをご覧の皆様にご覧頂こうと思います。




最近もご紹介しましたが、
保護時には歩行が出来なかったラブラドール・くうちゃん・・・


保護時は自力で立ち上がる事も出来ず、常に平泳ぎをしているような状態で、胸やお腹が体重で扁平していました。
お腹に掛かる体重で内臓にも負担が掛かり、そのままでは命の危険がある状態で保護しました。
信頼しているワンコの整形にも明るい獣医さんの指導の元、リハビリ生活が始まりました。
くうちゃんの足の所に見えるのは、足が開かない様に両足の間隔を開かない様にする為に結んでいた紐です。
この状態で、滑らないヨガマットの上を歩かせるリハビリを1日3時間以上行いました。
結果、少しずつ足に筋力が付いてきてヨタヨタしながらですが何とか自力で歩行出来る様になりました。
しかし、生まれてからずっと腹這いでの生活をしていたので、胸やお腹は扁平したままの状態でした。

そんな時に、くうの里親になって下さる方から手が上がり、色々なお話をさせて頂きましたが
温かいご家族の皆さんに迎えられる事になりました。

IMG_2400.jpg



お引渡し時のくうちゃんと素敵な里親Kさん・・・
IMG_2485.jpg

お引渡し後も里親様が懸命にくうちゃんのリハビリを頑張って下さったお陰で、くうちゃんは普通のワンコと同じような生活が出来る様になりました。
リハビリを教えて下さった獣医さんの元にも里親Kさんと一緒に行きましたが獣医さんも喜んで下さいました。
さすが里親Kさん(^^)/。


色々な所に遊びにも連れて行ってもらい幸せなくうちゃん・・・




里親Kさんがきちんと躾もして下さったので、良い子になっています(*^-^*)。



ワンコの幸せは飼い主さん次第ですね。







この子はくうちゃんの兄弟犬のラッキー君
ラッキー君もくうちゃんと同じような症状でした。

IMG_2456.jpg
ラッキー君にもくうちゃんと同じリハビリを行いました。

ラッキー君の里親さんから頂いたメールです。


ご報告をと思い、メールさせて頂きました。
大型犬なので、それなりに大変ですが、子供以上の存在です。
訓練士さんにも指導を受けています。
吠えないので、誉めてもらえるのですが、我が家に来た時からそうなので、もうこれは、ととのん様のお陰です。
ラッキーは、社交的で、大人しくて、優しい性格だと思います。
ほとんど親バカ状態ですが・・
去勢手術も済ませました。
お尻を左右に振るように歩くので気になっていたのですが、ラブラドール特有の遺伝的なものなのか、腰が悪いようです。
これも含めて、色々な面で気を付けながら、成長を見守りたいと思います。
本当に、ラッキーと巡り会わせてくれたご縁に感謝致します。
寒暖差のある季節になりましたが、ご自愛くださいませ。




画像が小さくてすいません。
現在のラッキー君・・・




飼い主さんから一身に愛情を受け幸せに暮らしています





多くの里親様から近況報告を頂いていますので、数回に分けてブログをご覧の皆様にもお知らせいたしますね(*^-^*)。


保護団体ととのん
バナー

| 里親様からの近況画像のご紹介 | 11:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT