FC2ブログ

非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【10匹のワンコ達を受け入れました】

ワンコ達の幸せの為に
シェア・情報拡散が可能な方は
是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
3月5日、10匹のワンコ達を受け入れました。

今回受け入れたワンコ達は・・・

※チワワ幼犬(水頭症、斜視、口唇烈)3匹…
※パグ幼犬(斜視)1匹…
※繁殖制限指導で保護したフレンチブルドック2匹…
(うち1匹は腟脱)
※繁殖制限指導で保護したMダックス1匹
※繁殖制限指導で保護したポメラニアン1匹
※繁殖制限指導で保護したチワワ1匹
※繁殖制限指導で保護した狆1匹
です。

日本では残念ながら犬繁殖販売をしている方々には
繁殖回数の制限が規定されていません。

しかし、3回、4回、5回、6回…の複数回の妊娠、複数回の出産は出産するママワンコの身体に、かなりの負担が掛かります。

昔から
「犬は安産」と言われているようですが、
現実…色々なブリーダーさんなどの指導やアドバイスを行なっていると
「決して犬は安産ではない」
という事を目の当たりにする事があります。

そして保護したママワンコ達の卵巣・子宮の摘出手術(不妊手術)を獣医さんにして頂き、
摘出された卵巣や子宮を見ると、
3回、4回〜の出産を経験しているワンコ達の殆どの子達に、
何らかの卵巣や子宮への過度の負担跡が見受けられます。

卵巣や子宮という部分的な所だけでなく、
他の臓器(小腸や膀胱など)に卵巣や子宮が癒着している事も多々あります。

ワンコは「痛い」とか「苦しい」と言葉を発しません。

言葉を発しないから良いのではなく
ワンコに関わる方々は
ワンコの心の声を聞いてあげながら
ワンコ達に関わる様にしなければならないと
当団体は考えています。

ワンコ達が、
「痛い」と言わなくても…
「苦しい」と言わなくても…
ワンコが出産する時は必ず痛みが生じている事、
全ての方々に知って頂きたいと思っています。

非営利動物保護団体ととのん は
ワンコがいる場所(ブリーダーさんや犬屋)への
・繁殖制限指導
・環境指導
・ケア指導
・適正飼育頭数指導
などを行い、
1匹でも多くのワンコ達が
少しでも長い間、幸せに暮らせる様に…との思いで活動を行なっています。

非営利動物保護団体ととのん が
保護受け入れをしている場所(人)は、
ワンコ達の事をきちんと考え、当団体の活動趣旨に賛同しています。

昨日、今日の『ととのんハウス』の様子をご覧ください。






非営利動物保護団体ととのん


| 保護受け入れ | 19:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT