非営利動物保護団体ととのん活動ブログ

非営利動物保護団体ととのんの保護した保護ワンコ達の様子や活動内容をご覧ください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【保護ワンコという存在を無くす為に、多くの保護が必要なワンコ達を受け入れるだけでなく、保護ワンコという存在が無くなる様に色々な働き掛けをしながら活動しています】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん は
ワンコ達を保護受け入れするだけでなく
保護ワンコそのものの存在を無くす為の活動も日々行っています。

私達が住む日本…
多くのワンコ達がいます。

一般家庭で飼われているワンコも多いですよね。

しかし、一般家庭で愛情を受けて幸せに暮らし続けられるワンコも
飼い主さんが無責任だったり、不慮の事故があると
幸せな生活が断絶してしまうケースが多々見受けられます。

私達、非営利動物保護団体ととのんは
一般家庭で飼育されているワンコ達の躾や問題行動の相談もお電話などでお受けし、
飼育放棄に繋がらない様に働き掛けています。
非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』は
タウンページにも掲載されています。

そして、日本で最も多くのワンコ達が生活している場所…

それは
ワンコの繁殖を生業としているブリーダーさん、犬屋(ワンコの事を物の様に考えている業者を犬屋と呼んでいます)です。

非営利動物保護団体ととのん は
保護施設が小さいので
小型ワンコに特化した保護受け入れを行っておりますが、大型ワンコなどは
信頼させて頂いている団体さんに委託させて頂いています。

ワンコ達が多く生活している場所が
倒壊して多くのワンコ達が路頭に迷ってしまう…時々ニュースにもなっていますね。

非営利動物保護団体ととのん は
路頭に迷うワンコ達の存在を0にする為の
活動も行っています。
元飼い主(ブリーダーさんや犬屋)からの言いなりの保護ではなく
当団体の飼育環境指導や繁殖制限指導、ケア指導を
きちんと受けて下さる場所からのみ
受け入れ保護を行なっています。ワンコの事を愛しているブリーダーさん以外の犬屋からは拒否られます。

それは何故か…
当団体の指導やアドバイスを受けない犬屋は
異口同音に
「お宅の指導を受けなくても、何回産ませてもお金払えば引き取ってくれる団体がいるから必要ない」
と言います。
詳しくは書きませんが悲しい現実です。

今日は東京都の
動物取扱責任者講習会でした。
私も動物取扱責任者ですので参加して来ました。

動愛法には
・動物取扱責任者が動物及び管理に関しての不備・不適事項を発見した場合は、
第一種動物取扱業者(ブリーダーさんや犬屋)に対して、改善を進言しなければならない。

・第一種動物取扱業者(ブリーダーさんや犬屋)は、
動物取扱責任者の進言に対し、速やかに対処し改善する様に努めなれけばならない
と定められています。

当団体が活動を始めて、約10年になりますが、
当団体の活動主旨に賛同し、
適正な飼育頭数維持・飼育環境改善・繁殖制限を
して下さっているブリーダーさんは確実に増えています。

これからも保護受け入れだけでなく、
行政にワンコ達を持ち込ませない活動を継続していきます。

動画は今日の『ととのんハウス』です。



そして本日も運命の出会いを果たし、笑顔で『ととのんハウス』を
卒業したワンコが…

ワンコと里親様の初めての記念撮影です

0629-201.jpg

里親様に抱かれて幸せそうですね。

幸せなワンコ達の姿を見るたびに
本当に幸せな気持ちになります。


非営利動物保護団体ととのん



| 保護受け入れ | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【10匹のワンコ達を『ととのんハウス』で受け入れました。】

ご覧いただきありがとうございます。

『ととのんハウス』では里親さま募集を開始するワンコ達は受け入れケアを経て、
募集前の最終メディカルチェックを受ける為に一泊入院します。

メディカルチェックでは
血液検査や超音波検査などを受け、
『ととのんハウス』でケアを受け、のんびり生活をしながら
新しい家族との出会いを待つ事になります。

本日の『ととのんハウス』の様子と受け入れケアの様子です




非営利動物保護団体ととのん


| 保護受け入れ | 20:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【今日は『ととのんハウス』で12匹のワンコ達を受け入れました】

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m。

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』では
今日12匹のワンコ達を
『ととのんサポートハウス』から移動させました。

『ととのんハウス』受け入れ後は
いつものように『ととのんハウス』受け入れケアを行いました。

受け入れの様子を動画でご覧下さい。



非営利動物保護団体ととのんは
ワンコを保護した場合、
即受け入れケアを行うと共に
感染症罹患検査・寄生虫寄生の有無・寄生虫駆除薬投与などをファーストメディカルチェックとして
病院にて行っています。

それら感染症罹患の検査や寄生虫寄生の検査をきちんとしなければ、
万一、保護したワンコが感染症に罹患したり
寄生虫の宿主になっていると
他のワンコにまで拡がってしまいます。

拡がってしまうと他のワンコが可哀想ですし、何より罹患しているワンコの治療をしなければなりませんから。

当たり前の事だと思ってやっていますが、
10年以上活動している団体さんの中には
ロクにメディカルチェックやケアをしていない所があります。

そういう団体は、
『数多く救っているから、多少アバウトになるのは仕方ない…』『委託している団体達も理解してくれている』…
と言い訳?しています。

すぐにケアをしない事を進言すると、
『貴方が完璧主義過ぎるのよ』
「悪口言われた」となってしまいます。

非営利動物保護団体ととのん は
そのような団体さんとは関わるのを止めました。

現に、どこの団体とは言いませんが
・下痢をしているワンコを預かりボランティアさんに預け
預かりボランティアさんが「下痢してますけど大丈夫なんですか?」
と聞くと
「抗生剤呑ませておけば大丈夫」と検査もせずに
抗生剤を素人の団体関係者から渡された経験のある方々もいらっしゃいます。

結局、抗生剤を呑ませても下痢は治らず……
預かりボランティアさんがワンコを不憫に思い病院に連れて行き検査するとジアルジアがいた…そうです。

不幸な事に、そのボランティアさんのワンコにまで
ジアルジアが寄生してしまう結果となりました。

目も当てられません。

私も
他の団体さんが保護して
何度もトライアル失敗したワンコを委託された事があります。

団体さんから委託されたその日に受け入れケア、メディカルチェック搬送したのですが、その子には沢山のシラミが寄生していた…などの経験があります。

私の場合は委託される数が多かったのですが、
中にはもっと酷いワンコもいました。

そんな経験から
ケアや医療措置を第一に考えている
今の活動があるのです。

前説が長くなりましたが
今日『ととのんハウス』に移動させたワンコ達の
受け入れケア後の姿もご覧下さい。

非営利動物保護団体ととのん『ととのんハウス』には
色々な保護団体・愛護団体でのボランティアをご経験された方々が沢山いらっしゃいます。

ここでは書けないような酷い体験談もお聞きしています。

その方々が経験して来た良い事は
どんど活動に活かせるようにしています。

もちろん…悪い面は継続させないようにして頂いています。

当団体は、
ボランティア教育にも力を入れてより良い活動が出来るようにしています


非営利動物保護団体ととのん


| 保護受け入れ | 21:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【保護したワンコ達を幸せに導く為に】

ご覧下さりありがとうございますm(_ _)m。

非営利動物保護団体ととのん では
保護したワンコ達を幸せに繋ぐ為に、
東京都北区赤羽2丁目32ー1に、
里親様を募集している保護ワンコ達と里親ご希望の方々が、毎日でも触れ合える施設『ととのんハウス』を開設しています。

『ととのんハウス』で生活しているワンコ達は、
非営利動物保護団体ととのんボランティアスタッフから
毎日、継続した身体のケアや
メンタルケアを受けながらノンビリ生活しています。

『ととのんハウス』は冷暖房などの空調もきちんと整った清潔な施設です。

暑い日も寒い日もワンコ達が快適に過ごせるように
配慮しています。

最近暑い日が続きますが、『ととのんハウス』で生活している保護ワンコ達は、快適に生活をしていますので、皆さんご安心下さいね。


非営利動物保護団体ととのん
『ととのんハウス』では
今週は、
月曜日に6匹
火曜日に10匹
木曜日に10匹の保護ワンコ達を
『ととのんサポートハウス』から移動させ、毎日の身体やメンタルのケアを継続させながら
新しい家族との出会いへの道を大きく拓きます。

シェア・情報拡散が可能な方は是非ご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m。

今日の『ととのんハウス』の動画をご覧下さい。



そして本日も理解ある里親様の元へ巣立ったワンコが・・・

0605-201.jpg

きっと幸せになります・・・

今週『ととのんハウス』に移動させるワンコ達非営利動物保護団体ととのん は
保護ワンコを減らす活動に力を入れています。

保護したワンコ達を幸せに繋ぐ為に
きちんとした活動をされている他団体とも連携して、
当団体が保護したワンコ達を一日も早く新しい家族の元に巣立てるように活動しています。

世の中、多くの保護団体さん、愛護団体さんがありますが、それぞれ良し悪しがあります。

しかし、当団体が保護ワンコ達を委託させて頂いている団体さん方々は
きちんとした活動をされている素晴らしい団体さんばかりです。

当団体が連携している団体さんの応援もして下されば幸いですm(_ _)m。



※※※※※

国松様よりいただきました

0605-01国松様

ありがとうございます。
ワンコ達の為に大切に使わせていただきます。






非営利動物保護団体ととのん
















| 保護受け入れ | 07:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【6匹のワンコ達を『ととのんハウス』で受け入れました。】

ご覧いただきありがとうございます。

『ととのんハウス』では里親さま募集を開始するワンコ達は受け入れケアを経て、
募集前の最終メディカルチェックを受ける為に一泊入院します。

メディカルチェックでは
血液検査や超音波検査などを受け、
『ととのんハウス』でケアを受け、のんびり生活をしながら
新しい家族との出会いを待つ事になります。

0604-101.jpg

本日の『ととのんハウス』の様子と受け入れケアの様子です



非営利動物保護団体ととのん


| 保護受け入れ | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT